「ヤフー・データソリューション」で「生成AI」試験導入、仮説設計や分析をサポート

LINEヤフー、大量の検索データの結果からニーズや課題の読み解き、考察の作成を支援

LINEヤフーは、事業者向けデータソリューションサービス「ヤフー・データソリューション」で、検索データなどのビッグデータをブラウザー上で調査・分析できるツール「DS.INSIGHT」の機能に米国OpenAIの「生成AI(人工知能)」を利用する試験導入を始めた、と10月24日に発表した。データのクレンジングやカテゴライズなど分析時の前工程を大幅に簡略化でき、要約されたデータを用いて議論や資料作成ができる。

生活者の興味関心を可視化する「DS.INSIGHT People」で、特定のキーワードと一緒に検索されている「共起キーワード」か、その検索前後に調べた「時系列キーワード」の検索ボックスにキーワードを入力して「AIでデータを考察する」をクリックすると、画面左側にAIによる考察が表示される。分析結果には表示された大量のデータをキーワード群に分類し、傾向の読み解きや、そのキーワード群が検索された背景の考察が記載される。

AIでデータを考察する方法

市場調査や商品企画などの仮説設計や分析でDS.INSIGHTを活用する際に、「データが大量にあり、どこが重要か分からない」「結果を読み解きたいが、方法が分からない」と悩み、仮説検証や分析の手間や時間がかかったり、求めている分析結果が出せなかったりしていた。データ結果の仮説検証や分析を生成AIがサポートすることで、データを活用した意思決定やデータ活用の推進に貢献することができる。今後、本格導入を目指していく。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]