「DS.INSIGHT」に新機能追加、指定エリアの人口推移や属性を日単位・1時間単位で確認

ヤフーのデータソリューションサービス、店舗出店や自治体のコロナ対策などに活用可能
よろしければこちらもご覧ください

ヤフーは、データソリューションサービスで「Yahoo! JAPAN」のビッグデータがブラウザ上で調査・分析できるツール「DS.INSIGHT」に新機能を追加した、と5月12日発表した。ピンポイントで指定したエリアに関し、人口推移、属性、来訪元などが日単位や1時間単位で確認できる機能。飲食店、小売店の出店計画や、自治体の新型コロナ対策などに活用できる。

滞在人口が直感的に分かるヒートマップを日単位、時間単位で可視化でき、日付と時間帯は同月内で各最大3つ指定可能。指定地域の人口推移は時間単位、住民と来訪者や性年代の推計人口は日単位、指定地域への市区町村か都道府県での来訪元ランキングは日単位で可視化する。集計データはダウンロード可能でDS.INSIGHT外のデータと合わせた分析も実現する。

DS.INSIGHTには、検索データを基に生活者の興味・関心を調査できる「DS.INSIGHT People」と、人流データから人口推移や属性などが調べられる「DS.INSIGHT Place」があり、新機能はDS.INSIGHT Placeに加えた。DS.INSIGHTの料金体系は4月に改められ、月10万円(税別)で100ライセンスまで利用可能になった。分かりやすいUI(ユーザーインターフェイス)も特長。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ユーザビリティ
一般的には、Webサイトやソフトウェアなどの操作性や使いやすさを示す言葉。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]