コメント投稿

電通デジタルが「Twitter広告」で国内初「リアルタイムキーワードターゲティング」開始

今つぶやいた人だけターゲティングして広告配信、興味関心へのタイムラグを解消
よろしければこちらもご覧ください

電通グループでデジタルマーケティング事業の電通デジタルと電通は、「Twitter広告」でツイートしたユーザーだけリアルタイムにターゲティングする広告配信ソリューション「リアルタイムキーワードターゲティング」を3月2日から始めた、と同日発表した。10秒以内にツイートしたユーザーをキャッチして、最短数十分以内で広告配信する。Twitter広告のリアルタイム性を生かしてタイムリーなSNSマーケティングを実現する。

Twitter広告で従来の「キーワードターゲティング」は、指定したキーワードに関連するツイートを最大7日前までさかのぼってターゲティングしており、即時性を求める興味関心(モーメント)の一番高いタイミングで配信できなかったが、このタイムラグを解消した。ターゲティング期間を7日間より短く指定できるソリューションは国内初めて。その後は広告主が設定した期間を配信対象にして、モーメントの高いユーザーに訴求できる。

「リアルタイムキーワードターゲティング」の配信イメージ

 

ツイートデータをリアルタイム解析する独自開発のTwitter広告配信システム「kizuna communication」を活用している。現時点では国内代理店で電通のみ契約しているAPIを使っており、電通グループの独占機能になる。トライアルでWi-Fiのアクセスポイントを探すツイートをしたユーザーに、Wi-Fiを設置した近隣店舗へ送客を促す大手飲食店の広告を配信したところ、CTR(クリック率)が約2倍に改善した。

よろしければこちらもご覧ください
150
150
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル