電通と電通デジタルが「ツイッター」広告での価値毀損リスク軽減「ツイベリ」を開発

β版の提供開始、配信先リストから適さないアカウントを事前に除外、顧客企業は無償

電通は、グループでデジタルマーケティングの電通デジタルとともに、「ツイッター」広告での企業や商品ブランドの価値毀損(きそん)リスクを軽減するサービス「ツイベリ」を開発し、3月15日にβ版の提供を始めた、と同日発表した。配信先リストから配信先に適さないアカウントを事前に除外する。電通が2016年に開発したツイート(投稿)データをリアルタイムに解析してツイッターに広告を配信するシステム「kizuna communication」の機能を拡張した。

ツイベリは暴力、差別、炎上を目的とするユーザーや、ボット(自動発言システム)など広告の配信先として適さないツイッターアカウントを特定できることが特長となる。ツイッターとアドベリフィケーションを組み合わせてツイベリと名付けた。アドベリフィケーションは、広告がしっかり見られているか、不適切な相手や場所に表示されていないかなどへの対応を意味する。電通と電通デジタルの顧客企業は無償で利用できる。正式版は4月の開始を予定する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]