ビービットが自然な対話による音声活用サービス開発を支援するソリューション提供開始

「Voice Experience Innovation」、電通デジタル・Libalentと業務提携して一括支援
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング支援のビービットは、電通グループでデジタルマーケティングの電通デジタル、コミュニケーションデザインのLibalent(リバレント)と業務提携し、AI(人工知能)の自然な対話による音声活用サービス・商品の開発を支援するソリューション「Voice Experience Innovation(ボイス・エクスペリエンス・イノベーション)」の提供を3月16日に始めた、と同日発表した。企業の自然な対話による音声サービスの導入を一括して支援する。AI音声アシスタントを利用したスピーカーが販売され、対話型のユーザエクスペリエ(顧客体験)=UX=が注目されていることから展開する。

音声サービスでは違和感なく自然な対話ができることが最も重要とされ、サービスの設計では快適な音声サービス体験が提供できる場面の戦略的な決定や、AIの性格、口調、態度といったキャラクター、会話の文脈に沿ったシナリオ・せりふがポイントになる。Voice Experience Innovationは、ビービッドが保有するユーザー行動観察調査の強みを生かしながら、電通デジタルのコンサルティング、開発・実装、運用・実行支援機能と、デジタルマーケティングのUX設計やキャラクター設計の知見を持つLibalentのロボット、AIスピーカーなどのシナリオ・せりふ策定の実績を活用して開発した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]