Momentumが広告主向けアドベリサービス「Hyper Transparency for Advertiser」開始

機能をパッケージングして導入から運用までを一貫サポート、分析結果を反映して運用

広告配信でのブランド保護ツールを展開するMomentum(モメンタム)は、広告主向けのアドベリフィケーションサービス「Hyper Transparency for Advertiser(ハイトラ)」を始めた、と4月17日発表した。「YouTube」「Instagram」「Facebook」での広告もカバーし、広告が本当にユーザーに見られているかのビューアビリティ計測を可能にした。アドベリフィケーションは、広告がしっかり見られているか、不適切な相手や場所に表示されていないかなどへの対応を意味する。

ハイトラは、広告主に対してアドベリフィケーション機能をパッケージングし、専門の担当者が導入から運用までを一貫してサポートするサービスとなる。広告主独自のブランド毀損(きそん)リスクがあるキーワードや、人ではなくプログラムが閲覧・クリックするアドフラウド率、ビューアビリティの実態を細かく分析し、その結果を反映して設計・運用する。運用開始後もモニタリングして定期的に報告する。アドベリフィケーション事業会社のMeetricsと連携して展開する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]