コメント投稿

BigQueryを手軽に活用できるデータ統合プラットフォーム「G-Expander」リリース

データ統合により、顧客のインサイトにさらに迫った幅広い施策を実現することができます。その強力な味方になってくれるのが、Google の BigQuery です。しかしながら、社内に散在するフォーマットがバラバラのデータを、どのように BigQuery で統合すればよいのでしょうか? このデータ統合の最大にして根本的な課題を解決するのが、データ統合プラットフォーム「G-Expander」です。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

高まるデータ統合からのビジネス意思決定の必要性

企業に存在するGoogle アナリティクスなどのウェブ行動履歴データや広告コストデータ、CRMデータが、部署ごと、サービスごとに分断されている状況が数多く見受けられます。

本来、ビジネスの意思決定を行う上では、新規顧客、既存顧客に向けた適切なコミュニケーションを取るために、データを統合させて正当な評価で判断する環境が必要になります。

データ統合により、深堀分析や広告最適化、メール活性化など幅広い施策を実現

データを統合させることによって、顧客のウェブ行動履歴や広告活動、営業活動との関連性の深堀分析や、今後の販促や顧客のロイヤリティー向上への施策により高い精度で取り組むことが可能になります。

データ統合における課題

BigQueryにデータ統合させる際、委託先の広告代理店やベンダーなどから提出された独自レポートのデータ登録や、分析のためのデータ整形業務が運用上の大きな負担になります。

データ統合プラットフォームの導入で解決

イー・エージェンシーから提供しているデータ統合プラットフォーム”G-Expander”を導入することで、データ登録・変換〜BigQueryへの連携を手軽に運用することができます。

G-Expanderの導入の流れ

STEP 1.変換ルールの策定

運用中のローデータの種別を洗い出し、最終的にどのようなテーブルとしてBigQueryに格納させるかの要件定義を行います。

STEP 2.変換・連携プログラムの開発

ルールに則った変換プログラム開発と、BigQueryのテーブル構築をイー・エージェンシーが行います。

※BigQueryのテーブルはお客様の環境内で構築します。

STEP 3.アップロード用管理画面の発行

お客様や広告代理店、ベンダーなどそれぞれに閲覧権限を割り当てた管理画面を提供します。

管理画面からファイルをアップロードするだけで、データ変換・BigQueryへの連携を自動で処理することができます。

詳細はお気軽にお問い合わせください

G-Expanderによって管理画面からBigQueryに手軽にデータを登録することができます。

また、BigQueryのデータをもとに、データポータルなどBIツールによるデータの可視化や様々な分析にご活用いただく事ができます。

「管理画面のデモを見たい」
「費用感が知りたい」
「自社の課題や環境に合うのか知りたい」

など、ご興味をお持ちになった方はお気軽にお問い合わせください。

Google Marketing Platform・Google Cloud 導入・活用支援サービス
https://googleanalytics360-suite.e-agency.co.jp/

株式会社イー・エージェンシー
https://www.e-agency.co.jp

よろしければこちらもご覧ください
110
110
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル