メディックスが「GA4」データを可視化する「GA4モニタリングダッシュボード」を提供

「BigQuery」との連携でデータ保持期限の制約受けず、「UA」踏襲のレポート環境実現

デジタルマーケティングのコンサルティングのメディックスは、Googleのアクセス解析の新規格「Google Analytics 4(GA4)」の導入・活用支援サービスのオプションで、ビッグデータ解析の「Google BigQuery」と連携したGA4データを「Google Looker Studio(旧Googleデータポータル)」で可視化する「GA4モニタリングダッシュボード」の提供を始めた、と11月18日発表した。自社ニーズに合わせたダッシュボードを構築できる。

2020年10月にリリースされたGA4は、現行の「ユニバーサルアナリティクス(UA)」の次世代となる第4世代のGoogleアナリティクス。UAでは有料アカウントだけだったBigQueryとの連携機能が、GA4では全てのアカウントで利用できるようになった。BigQueryと連携することで長期のデータ保持が可能になり、BigQuery内のデータをBI(ビジネスインテリジェンス)ツールで参照することができる。

GA4モニタリングダッシュボードは、業種に合わせた標準と、企業ニーズに合わせた独自のダッシュボードを提供。GA4データを加工編集してBIツールのGoogle Looker Studioで読み込むので、UAで見ていたレポートをGA4で再現できない課題や、GA4のデータ保持期限の制限で14カ月より以前のデータを全てのレポートで見られない制約がない。UAで見ていたレポートをGA4環境下でも同じように表示したい要望にも応える。

イメージ図
標準ダッシュボード例(EC系)
標準ダッシュボード例(リード系)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]