アマナがNTTデータとAIモデル画像に3D衣服を瞬時に組み合わせるソリューション開発

多用なサイズ・体形のAIモデル画像が実際に衣服を着ているような画像コンテンツを作成

ビジュアルコミュニケーション事業のアマナは、AI(人工知能)が生成したモデル画像に3D(3次元)衣服データを自動で組み合わせ、人物が実際に衣服を着ているかのような画像を瞬時に作り出すプロジェクトをNTTデータと始めたと7月8日に発表した。アマナが長年培ってきたビジュアルコミュニケーションの表現力と、NTTデータの最新デジタル技術を融合して、次世代のビジュアルコンテンツ制作ソリューションを開発する。

多様なサイズ・体形のAIモデルを用いたビジュアルコンテンツを短時間で自動生成し、3Dシミュレーション技術でサイズ・体形の違いに応じた着丈を高精度で再現。3D衣服データとAIモデル画像だけで着用イメージ画像の生成が可能で、制作工数を大幅に削減する。AIモデル画像は意図せず類似性が生じることを回避するべく、顔変更処理など権利保護対策によって高いクリエイティブ性を担保しながらバリエーションを確保する。

ブランドは限られたターゲットセグメントを想定して広告・販促ビジュアルを作成して表現が画一的になりがちだが、個人の興味や感性は多様でユーザーの関心を引き付けられない。個々のユーザーに合わせたビジュアルコンテンツを従来の方法で制作すれば膨大なコストと時間がかかり、流行の変化が速い市場では顧客獲得コストが増加する恐れがあるため、サステナブルで高精度なビジュアル制作が可能なWebソリューションを開発する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]