アマナイメージズが「日本画像生成AIコンソーシアム(JIGAC)」設立、各界有識者が参画

画像生成AIに関する学習データ環境、コミュニケーション環境、収益分配環境を議論

画像・動画素材販売のアマナイメージズは、ビジュアル素材を生成する画像生成AI(人工知能)の在り方を議論する「日本画像生成AIコンソーシアム(Japan Image Generative AI Consortium)、略称はJIGAC(ジーガック)」を設立した、と6月20日に発表した。画像ライブラリ、AI開発者、ユーザーの実務家、研究者、法律家など国内のAIやコンテンツ領域などで実務に携わってきた関係者が参画した。

画像生成AIの技術や法制度の動向、ニーズ、ボトルネックなどの情報交換を業種業態を超えて行う。画像生成AIに関連して創作者・権利者とAI開発者の双方に安全性・透明性・説明可能性のある「学習データ環境」の在り方や、学習データへの参加・非参加を意思表示する「コミュニケーション環境」、創作者・権利者への分配を担保する「収益分配環境」について、ビジネスモデルを含めて具体的で実践的な枠組みの可能性を検証する。

JIGACの代表にはアマナイメージズのAI倫理対応・政策企画責任者の望月逸平氏が就任した。望月氏はこれまでAI関連の事業開発と法務を担当してきた。日本で画像生成AIが安心・安全に活用できるための持続可能な枠組みの議論を通じて、著作物の保護とテクノロジーの進化を両立させ、クリエイターが新しいものを生み出し続ける創作活動の基礎となり、日本のAI技術を世界と対等なレベルに引き上げる起点となることを目指す。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]