バーチャル試着アプリをZOZO NEXT、ソフトバンク、MNインターファッションが実証実験

「ZOZOSUIT」の体型計測データ活用、新しい紳士服ブランド「ALTRM」で男性400人テスト

ファッションECサイト運営のZOZOの子会社で研究開発のZOZO NEXTと、ソフトバンク、繊維ファッション事業のMNインターファッションは、オンラインで服のバーチャル試着体験ができるアプリ「ALTRM(オルターム)」の実証実験を共同で30日間行う、と2月21日に発表した。21日から3月7日と、3月15日から29日の各15日間の2回に分け、20歳以上の男性約400人を対象にALTRMを実際に使用するユーザーテストをする。

ALTRMは、身長と体重を入力すると3Dバーチャルアバターが生成され、オンラインでバーチャル試着が体験できる。画面に表示された好みのアイテムのアイコンをタップして選択すると選択したアイテムが3Dバーチャルアバターに装着され、試着した時と同様に着丈やサイズ感を確認できる。3Dバーチャルアバターの体型生成には採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT」で集積したデータを活用している。

アプリの画面サンプル

MNインターファッションが実証実験のため新たに立ち上げた紳士服ブランド「ALTRM」を販売し、バーチャル試着の導入による購入率の変化を検証する。アイテム数は全14型(サイズ展開はS、M、L)。実店舗に足を運ばなくても購入前のバーチャル試着が可能になることで、オンラインショッピングの課題であるサイズ不一致や着用時の違和感による返品の減少、CVR(商品購入に至った割合)向上への貢献が期待できる。

ALTRMの「3Dバーチャルアバター生成」と「バーチャル試着」の要素技術はソフトバンクが開発した。採寸データに基づく3Dバーチャルアバターの生成や、服のリアルタイムシミュレーションなど複雑な計算処理をモバイル環境で動作するようにした。スマートフォンで服の試着を体験できるアプリの開発はZOZO NEXTが行い、MNインターファッションは新ブランド「ALTRM」を設立して、服の企画や生産、服のデジタル3D化をした。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

1組織1ドメイン名の原則
1つの組織に対して1つのドメイン名のみを認めるという原則。「go.jp」(政府組 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]