コメント投稿

米国アドビが検索連動型広告管理の最新版「Adobe Advertising Cloud Search」を発表

大規模な自動化で広告主の手間を削減してROIを向上、業務を効率化する新たなUを採用
よろしければこちらもご覧ください

米国アドビは、検索連動型広告管理ソリューションの最新版「Adobe Advertising Cloud Search」を3月9日発表した。企業が優れた顧客体験を提供するための要素を備えた包括的なクラウドサービス「Adobe Experience Cloud」の一部となり、大規模な自動化で広告主の手間を削減し、ROI(投資利益率)の向上につなげる。使いやすさを念頭に、業務の流れをより効率的で効果的にする新たなUI(ユーザーインターフェイス)を採用した。

Adobe Advertising Cloud Searchは、検索マーケティングでオーディエンス(広告の受け手)ターゲティングのプロセスを簡素化する。Adobe Experience CloudのオーディエンスにAI(人工知能)と機械学習を結び付け、入札の最適化、シミュレーション、意思決定予測の情報を提供する。新しいUIでは変更をすぐに反映する機能を搭載した。広告主は複雑なキャンペーンの素早い検索、ナビゲーション、整理ができ、迅速な管理を実現する。

よろしければこちらもご覧ください
290
290
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

被リンク
自分のサイトにリンクを張ってもらうこと、または張ってもらったリンクのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル