コメント投稿

Joomla 3.0について知っておくべき事: 3つ

Joomla 3.0はモバイルユーザーフレンドリー。PCだけでなくスマートフォーンやタブレットでサイト運営と情報発信が出来るBootstrapで構築されている。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Joomla 3.0について知っておくべき3つのポイント

Joomla 3.0は、オープンソースCMSで初めてBootstrapを使ったCMSになります(私が知る限り)。Bootstrapを使うことでJoomla CMSをスマートフォーンやタブレット端末で情報発信とサイトコントロールが簡単にできるようになります。

Joomlaの開発チームは、これからのウエブサイトはモバイル端末フレンドリーが情報発信の上で最も重要になるという認識でユーザーインターフェイスをPCからモバイルに変更しました。その最初の試みがJoomla 3.0です。

Joomla 3.0について知っておくべき事: その1

Joomla 3.0は標準で100%モバイル端末フレンドリー(スマートフォーンやタブレット)です。時代の流れは、重くて立ち上がりが遅い、稼働時間が短いPCから軽くてすぐに使えて長時間稼働するモバイル端末にシフトしていきます。

ウエブでの情報発信を自宅やオフィスで行う時代からカフェ、駅の待合席、知人の家、旅行先、列車やバスの中、高速道路のサービスエーリアなど場所を選ばないで出来る時代に突入しています。

モバイル端末で情報発信は、PCよりもその点で優れています。

そのような時代に対応すべくグローバルスタンダードのホームページシステムJoomlaは3.0からモバイルフレンドリーCMSとして生まれ変わります。

Joomla 3.0について知っておくべき事: その2

Joomla 3.0の対象者は、アーリーアダプターの人たちです。Joomla 2.5に慣れているユーザー、Joomla関連製品の開発者、Joomlaのテンプレート制作者などです。

その理由は、新しいシステムには必ずバグがつきものであるからです。トラブルに陥ったときに自分で何とか出来る方々、状況をフォーラムにアップできる人たちでなければ、途中で放棄してしまうでしょう。

Joomla 3.0について知っておくべき事: その3

Joomla 2.5を使用中のユーザーは、この時点で3.0に移行する必要はありません。
むしろ、Joomla 1.0や1.5のユーザーは、早い時点でJoomla 2.5にマイグレーションすべきでしょう。

Joomla 2.5から3.0、3.5へのマイグレーションは、Joomlaの管理画面で簡単にマイグレーションできるように開発されています。ですので、商用バージョン3.5のリリースを待ってJoomla 2.5からワンクリックマイグレーションをすべきことをお勧めします。

=> Joomla最新情報その1

=> Joomla最新情報その2

よろしければこちらもご覧ください
210
210
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

重複コンテンツ
同じドメイン名内、または他のドメイン名にわたって存在する、「内容は同じだがURL ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス