業界人間ベム

このページは、以下の外部サイトの情報をRSSフィード経由で取得して表示しています。
業界人間ベム
更新: 4時間 59分 前

CHEIL Worldwide 2011 Digital Leaders Forum

2011年11月13日(日) 10:47
ソウル講演レポート 2011 Digital Leaders Forum
ちょっと遅くなったが、先日ソウルでの講演をレポートする。そもそもサムスン電子のハン常務が「トリプルメディアマーケティング」を日本語で読み、共鳴していただいたのがきっかけで、韓国語版が出版されることになった。
 サムスン電 …… 続きがあります

「データテクノロジスト」というスキルセット

2011年10月10日(月) 18:11
 データテクノロジストというスキルの概念がある。何年か前に米国のインタラクティブエージェンシーのRGAのスキルセットの中に位置づけられていた。これを私なりに解釈して、今の日本のデジタルマーケティングサプライヤーのスキルとして考えてみたい。
 デジタルマーケティングには、様々なデータが取得できる。
…… 続きがあります

「トリプルメディアマーケティング」韓国語版について

2011年10月10日(月) 09:10
「トリプルメディアマーケティング」の韓国語版:韓国語タイトル『トリプルメディア戦略』が刊行されました。裏表紙に韓国の有力なマーケテターの皆さんが紹介コメントを書いていただいています。
韓国でのマーケティング課題も日本と基本同じであることが分かります。
下記は韓国語版の裏表紙です。
…… 続きがあります

「ネット広告」に求められる効果は可視化されなければならない。

2011年9月15日(木) 21:00
 ツイッターが始める新しい広告には、コスト・パー・エンゲージメントという概念が登場する。いわく、リツイートやフェイヴァリットなどを獲得あたりいくらという課金モデルだ。コスト・パー・フォロー(つまりフォロワー1件あたりいくら)というのもある。
 
 昨日、Web研フォーラムでモデレータをさせてもら …… 続きがあります

「枠」から「配信先(人)」へのための新しい指標

2011年9月5日(月) 23:22
  前のエントリーの「フリークエンシーの意味が変わる」は、ちょっと議論を端折ったので、分かりにくい話になったかもしれない。
 私が日本で最初のインターネット広告に関する書籍「最新ネット広告ソリューション」(2000年日経BP刊)を書いた時に、CTRが表すパフォーマンスの意味について解説を加えた。(ここではそ …… 続きがあります

フリークエンシーの意味が変わる。

2011年9月1日(木) 20:48
 従来ネット広告をどう売るか、特にブランディング目的のナショナルクライアントにネット広告をどう活用してもらうかに腐心してきた我々は、ネット広告(ディスプレイ広告)のインプレッション効果について、いろんな調査をしてきた。
 そこにはテレビと同じ論理で売れれば、マス広告中心の発想をしてきたナショナルクライアント …… 続きがあります

「枠」売りに関する考察 その3

2011年8月26日(金) 22:47
今日は、田端さんといろんな会話をしてインスパイアされたので、教えてもらった情報も材料に枠売りと次世代バイイングシステムないし最適化配信に関する考え方を書いてみたい。
前々回のこのブログのエントリーに関して、尊敬する業界の先輩から下記の意見をもらった。別に反論という訳ではないが、私の理解にはもう少し違う角度か …… 続きがあります

[

2011年8月26日(金) 22:47

「手売り」が急速にDSPに移行する理由

2011年8月22日(月) 12:46
 直前のエントリーで、DSPの登場で、ネット広告のいわゆる「手売り」が、その価値を失っていくと書いた。私はこれから3~4年で金額ベースで逆転すると思っている。というのも日本独特の状況があるからだ。
 そう書けば、この世界の人は大概ピンとくると思うが・・・。そう。日本に第三者配信サーバーが未だに(そしてほとん …… 続きがあります

ペイドメディア ~その「手売り」する価値~

2011年8月18日(木) 18:03

 広告会社のメディア部門は「取次ぎ業の原型」を残している。そもそもメディアの枠を売って、送稿する作業自体に価値があった時代の原型である。その昔、新聞原稿は凸版に製版して持っていかなければならなかったし、(同じ段数でも新聞社によって微妙にサイズが違うなどという製版業者保護政策があった・・・。)テレビCMも16ミリのフイル

…… 続きがあります

ツィッター騒動なる稚拙さ

2011年7月22日(金) 20:54
メディアに騒がれだすと、例によってメディアによる「持ち上げておいて、叩き落す」というお決まりの行動様式があり、それが実に現在の日本のメディアと大衆の稚拙な価値観を象徴している。
 プライベートな席での発言がすべて公にされ、それでバッシングされてしまうのでは、あまりに原理原則を理屈で判断しての大人の態度となら …… 続きがあります

メディアがつくる「批判する空気」は何を生むのか。

2011年7月17日(日) 09:28
 原発対応には特に情報開示の面で決して褒められたものではない政府の対応が続いたことは事実で、適切な批判はそのポイントをしっかり突いて、今後のあり方を是正する方向に向くことに意味がある。
 しかし、その他震災対応全般と政府批判、内閣批判、総理批判について言うと、かなりの程度、「批判のための批判」に終始している …… 続きがあります

ソーシャルメディアモニタリング

2011年7月3日(日) 16:23
ソーシャルメディア空間に書かれたキーワードを追うことで、話題や評判の質や量を把握することが求められるようになってきた。
企業にとっては、自社ブランドや競合ブランドに関わるワードを追うことは比較的考えやすい。ただ震災後のマーケティング環境を考えると、それだけ追っていてもいけない。本質的な消費者ニーズや、ライフ …… 続きがあります

「ポスト3.11のマーケティング」 ~企業は、消費者は、どう変わるか~

2011年6月26日(日) 15:57
 デジタルコンサルティングパートナーズのうち8名が執筆者となって、「ポスト3.11のマーケティング」が7月7日に出版されます。
 今回、デジタルコンサルティングパートナーズ主宰として、「まえがき」と第2章を書かせてもらいました。
 各章は下記の内容です。
 ◆脱「自粛」による日本の再 …… 続きがあります

批判すまいと思うものの、ここまでひどいと・・・。

2011年6月5日(日) 10:36
 震災以来、ツイートを控えていた。このブログもほとんど更新していなくて、日頃読んでいただいていた方には申し訳ないと思う。
 このブログでも、マスメディアを「批判のための批判」、「批判というよりただただ非難する」と断じてきたが、こういう時期には「誰が悪いの」ということ自体、憚るというか、では自分自身は何が出来 …… 続きがあります

「トリプルメディアマーケティング」韓国語版が出ることになりました。

2011年5月29日(日) 15:59
先日、韓国の広告会社チェイルの方数名で、私の「トリプルメディアマーケティング」を韓国語に翻訳したので、出版を許諾して欲しいとの話がありました。
こういう場合は、出版権を日本の出版社と韓国の出版社との間で、契約することになるらしい。
きっかけはサムスン電子の幹部の方が、私の本をお読みになって、「す …… 続きがあります

「日本人=サイヤ人」論

2011年4月2日(土) 14:25
 瀕死の状態から立ち直る度に、以前よりパワーアップするのが「ドラゴンボール」の主人公孫悟空をはじめとするサイヤ人だ。(実はベムは80年代に広告会社としてアニメ「ドラゴンボール」の番組販売の経験がある。)
 震災以降海外からの日本の評価を受けて、「ピンチに強い日本人」という論調は出来上がっている。しかしピンチ …… 続きがあります

震災前、震災後

2011年3月28日(月) 15:40

  まだまだ安否不明が何万人もいて、最終的な死者行方不明者が確定する見込みさえありません。また原発の状況も予断を許さないどころか、凄まじいレベルの放射性物質が確認されて作業ができないという苦境の最中です。こんな折に、今後の話を先走ってするのは憚るのではありますが、少なからずマーケティングという仕事に携わっている会社を経

…… 続きがあります

支援は長く続けることが大事。それぞれのやり方とタイミングで・・・。

2011年3月21日(月) 20:10
東日本大震災は悪夢のような現実である。原発が安全宣言に至るまではまだいくつものハードルがあるだろうし、復興というところまでの、その端緒につくところまで、まだ時間がかかる。原発の状況は震災が今なお進行中で、終わっていないことを表している。今まではなかった現象であり、それが現実のようである。
支援の声は、非常に …… 続きがあります

組織力と個人力

2011年3月9日(水) 18:05

広告会社の仕事を、コンサルティング、プランニング、オペレーションと3つに分けるとして、まずオペレーションにおけるいわゆるケーパビリティは、当然大勢の人間による組織力とスキルトランスファーする仕組みでしか解決ができない。プランニングも個人力が中心とはいえ、今後は集合知をどう活用するかが注目される。組織的にプランニング能力

…… 続きがあります

ページ

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]