業界人間ベム

このページは、以下の外部サイトの情報をRSSフィード経由で取得して表示しています。
業界人間ベム いま、生活者、消費者との「距離を縮める」ために必要なのは「広告」ではなく「コンテンツ」である。 次世代コミュニケーションの潮流を掴め!
更新: 9時間 48分 前

広告会社の行く末 その4  次世代エージェンシーの業態を探索する

2012年10月23日(火) 06:42
マイクロソフトに買収され、その後またAgency部門は売られてしまったaQuantiveは,
もともとは、アヴェニューAレイザーフィッシュというエージェンシーと、Atlasというテクノロジー会社とDrive performance という最初はアドネットワークの3社を統合した全く新しいマーケティングコミュニ …… 続きがあります

広告会社の行く末 その3 「営業はいらない?」

2012年10月22日(月) 06:08
 その1、その2では、広告会社の営業のフロントラインに専門知見を取り戻し、全体がプロ集団化した専門性と機動力ある企業群に再編すべし・・と書いた。
 
 しかし、この「営業という存在がいて、プランニングスタッフがいて、実行部隊が社内外にいて」という構成は、広告主ごとに「すり合わせ」して「人の手」に …… 続きがあります

広告会社の行く末  その2

2012年10月18日(木) 16:52

 DAS(Diversified Agency Services)というワードが聞こえてきてから、もう6~7年経つのだろうか。Diversifiedとは「多様な」とか「多角的な」とかという意味で、いわゆるDAS領域での売上シェアが高くなるということが、WPPにしろ、オムニコムにしろ、メガエージェンシーグループが言ってい

…… 続きがあります

広告会社の行く末 その1

2012年10月15日(月) 09:08
 「時代が要請する新しいマーケティングコミュニケーションをどういうプロセスで開発するか」デジタルマーケティング時代に、旧態の広告会社が立ち至るテーマである。
 そもそも広告媒体枠を買ってもらうために行ってきた「広告クリエイティブ」なので、広告会社にとっては広告媒体枠(特にテレビの扱い)販売に繋がらない「コミ …… 続きがあります

 ~どうしてマス広告人だったベムがデジタルに足を踏み入れたか~

2012年10月14日(日) 18:52

「デジタルマーケティングとアドテクノロジー」というタイトルで先日翔泳社MarkeZineのカンファレンスで講演をした。よく思うのは、最近のこの「デジタルマーケティング」というワードなんだが、・・・ということはデジタルでないアナログなマーケティングがあるということなんだろうが、マーケティングにデジタルもアナログもないよう

…… 続きがあります

「ネット広告は消費者にとって新たな情報との出会いを提供できるか」

2012年9月30日(日) 20:19

 ネット広告業界の人なら、昨今、やたらとリタゲ流行りなのを認識している人は多いだろう。リスティング広告の隆盛は、広告を消費者の興味関心行動にカウンターで出すことが初めて出来て、そこに大きな価値を生んだからである。そして、この市場はまだまだ拡大基調にあるものの、一部の広告主では、何百万というキーワードを設定し、しかも上位

…… 続きがあります

ネット広告「次に来る波」

2012年9月10日(月) 13:51
 「枠」から「人」へ という広告にとって大きなパラダイムシフトについては書籍ほかでアピールしてきたが、この構造変換を実現するDSP/RTBに関しては、日本ではまだまだリタゲのためのツールにとどまっているきらいがある。
コンバージョンの直前流入だけ測定してみると、まだまだリスティングが最も効率的という企業 …… 続きがあります

Earned Mediaの再定義

2012年9月2日(日) 13:20
 ベムが「トリプルメディアマーケティング」を出版したのが、2010年6月。POEメディアという概念に最初に触れたのが、2009年春で、「3つのメディア」という概念をWeb研のセミナーで講演したのが、2009年夏でした。
 そして最近ではこの3つのメディアは、4つだとか、5つとかに再定義されている。
…… 続きがあります

ネットTVとルーフトップコンサート

2012年8月31日(金) 08:32

 2004年ごろに40万円近くで買った37インチのプラズマTVを最近、買い換えた。42インチでなんと68800円。安くなったこともそうだが、ネット対応が前機種と違い、数段進んでいるので、本格的にネットTV生活にしてみた。そこでYoutubeやHULUをTVで観る習慣がついた。私にとって、Youtubeはここ何年かはiP

…… 続きがあります

デジタルマーケティング人材育成のひとつの方向性

2012年8月29日(水) 06:25
 先日のDigital Marketing Tribe Nightでのパネルディスカッションに参加したのですが、活況で熱い夜でした。この日は特にサーチの分野で日々頑張っていらっしゃる皆さんも多く、アタラ杉原さんのサンフランシスコでのSESのレポートはたいへん興味深かったと思います。
 このレポートでより明確 …… 続きがあります

Digital Marketing Tribe Night 開催

2012年7月31日(火) 07:49
TATEITO社主催、デジタルインテリジェンス共催で、下記の
Digital Marketing Tribe Night が行われます。

日 時: 2012年8月23日(木)19:30〜22:30 ※19:00開場
会 場: ウルフギャング・バック・カフェ赤坂アークヒ …… 続きがあります

アトリビューションとリ・アロケーション

2012年7月23日(月) 08:19
 この業界の人なら、「アトリビューション」というワードを聞いたことがあるだろうし、だいたい分かったつもりになっている方も多いだろう。しかし、これを「コンバージョンに至る広告を直前注入だけでなく、間接効果、アシスト効果も測定するもの」という認識であれば、一番肝心なところが分かっていないと言える。
 肝心なのは …… 続きがあります

「業界人間ベム」デジタルマーケティング人材育成に本腰を入れます。

2012年7月18日(水) 07:52
 ベムは96年からネット広告に事業者として関わってきました。メディアレップといっても「何それ?」と言われたころからです。ちょうど電通さんが「日本の広告費」にインターネット広告を項目として区分したくれた年で、16億円でした。
 ネット広告の市場が拡大し、新聞を凌駕し、テレビに迫るまでになりました。今や米国では …… 続きがあります

ノミネートしていただきました。

2012年6月25日(月) 08:13
Web Creation Award にノミネートしていただきました。
「トリプルメディア」の考え方を広めたというノミネート理由です。有難うございます。
 一般投票Webクリエーションアワード>横山隆治

DSPは「広告メニュー」ではない。

2012年6月25日(月) 07:58
 DSP(デマンドサイドプラットフォーム)に関しては、昨年から注目され、今年にはかなり多くの広告主がトライヤルしている。
 しかし広告主もそうだが、特に代理店の認識が従来のままで、どうもDSPの本質をしっかり理解して売っている感じがしない。
まず、DSPを「広告メニュー」のひとつとして売っている …… 続きがあります

ロックバンドモデルのデジタルイノベーション

2012年5月26日(土) 13:53
ブランドサミットでのアラン・シュルマン氏の「ジャズ演奏におけるグループモデルから学ぶブランドマーケティングイノベーション」にたいへん触発されました。
昔「ハイネケン・シティ・ライブ・ツアー」というイベントを担当した経験があり、長年続けたツアーの最後が今では懐かしい芝浦インクスティックでのマーカス・ミラーでし …… 続きがあります

KPIのKPI

2012年5月20日(日) 10:01

 少し前のエントリーで「KPI」について書いたが、ネット上にゴールがないリアルな販売チャネルをもつ企業にとって、KPIの設定は難しい。というのも、コンバージョンといえるユーザーアクションは設定できるものの、流入量とコンバージョン量があまりに差があると、最適化のための施策チューニングがうまくいかない場合が多いと思われる。

…… 続きがあります

『DSP/RTB オーディエンスターゲティング入門』

2012年5月20日(日) 06:38
DSP(デマンド・サイド・プラットフォーム)とRTB(リアルタイム・ビッディング)そしてオーディエンスターゲティングというネット広告の全く新しいバイイングシステムとそのターゲティング手法について解説する本を出版しました。
目 次
第 1 章 広告配信の進化と DSP/RTB の登場
…… 続きがあります

CRMから新規顧客獲得としての広告を考える。

2012年5月4日(金) 17:56
 DSPを広告バイイングの新手法として研究すると、顧客化したユーザーを分析して、顧客になってくれそうなユーザーに広告を配信するという考え方ができる。(しかも可能性の高い見込み客には入札価格を上げて必ずゲットするとか・・・)
 実はベムはおそらく日本で初めていわゆる「リターゲティング拡張」の実験をした張本人で …… 続きがあります

企業マーケターに問う「あなたのブランドにとってKPIとは何ですか?」

2012年4月29日(日) 14:04
 KPIつまり「キー・パフォーマンス・インジケーター」。この言葉がそこらじゅうで聞こえるようになって久しい。ほぼ「鉄板」のキーワードになった。
 そもそもKPIの定義とは何か。
 
 以下、@IT情報マネージメントから引用する。
 -------------------- …… 続きがあります

ページ

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

パーミッション
もとは「許諾」を意味する言葉。Webの世界では、サーバー上でのアクセス権を表す場 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]