業界人間ベム

このページは、以下の外部サイトの情報をRSSフィード経由で取得して表示しています。
業界人間ベム いま、生活者、消費者との「距離を縮める」ために必要なのは「広告」ではなく「コンテンツ」である。 次世代コミュニケーションの潮流を掴め!
更新: 1日 13時間 前

2015年 広告マーケティング業界7つの予測

2015年1月2日(金) 06:22
2010年から年初恒例の広告業界予測も今年で6回目・・・。だんだん文章量も多くなり今回は7000字近い。「広告ビジネス次の10年」の書評が昨年電通報で2番目に多く読まれたとのこと。本には書いてない次の10年のエッセンスも織り込みました。長文で申し訳ないですが、お付き合いください。

その1) デ …… 続きがあります

送り手のタイミング(キャンペーン)から受け手のタイミング(通期PDCA運用)へ

2014年11月19日(水) 06:53

 少し前に「フロー型」から「ストック型」へというフレーズが流行った。これは特にオウンドメディア開発に注力をおくという意味合いが大きかった。キャンペーン型で短期にピークをつくるがすぐに減衰してしまうキャンペーンモデルだけでなく、ベースラインを徐々に上げて、キャンペーンによる効果も実施前の水準にまで落ちることなく蓄積してい

…… 続きがあります

ブランドマネージャーとしての企業マーケターとブランド横断型企業マーケター

2014年11月17日(月) 08:34
 日本企業にもプロダクトマネージャー制度が根付いて久しい。今やブランドマネージャーがATLもBTLも一貫して管理する(IMCを実践する)のは当たり前となった。事業部がマーケティング投資権限を持つのは自然な流れではある。
 しかし、ここにデータドリブンマーケティングの潮流が一気に押し寄せて、単にブランドごとの …… 続きがあります

データはマーケティングの「コメ」。そのままでは食えないから、ご飯炊いて料理にしないといけないが、料理する人の価値を大事にする文化が大事。

2014年11月12日(水) 22:55
 データというのは、いわば米の状態のものだ。そのままでは食べられない。米を炊いて、おにぎりにしたり、はたまた高級イタリアン店のリゾットにしてこそ価値がでる。そのためにも価値をつくる人を育てなければならない。ただ、そういう価値をつくる人や仕事への敬意をもつ企業文化が大事になる。
 最近ベムのところには、「デー …… 続きがあります

アドレサブルTV広告

2014年11月3日(月) 13:04
 今回もDIニューヨークからのレポートからブログを更新。
今年の1月アドエイジ誌に、「衛星放送の競合同士であったディレクTVとディッシュTVが共同で合計2000万世帯へのリーチを売りにアドレサブルTV広告を選挙キャンペーン用に販売開始した」と報じられた。
 下記はその記事だ。
htt …… 続きがあります

TVCMは「俳句」

2014年10月17日(金) 06:54
 先日「オンラインビデオ広告入門」の出版記念セミナーを実施しました。そのなかでTOMOGRAPHの川越氏が言い放った「TVCMは俳句みたいなもので、17文字で表現する。他に小説もあれば、エッセイもある。」があまりにメイクセンスしたので、ブログに書いてみた。
CMには流儀がある。ちゃんと季語がなければいけない …… 続きがあります

『オンラインビデオ広告入門』を出版しました。

2014年10月4日(土) 18:13
『DSP/RTB オーディエンスターゲティング入門』 『DMP入門』 に続き、入門シリーズ第三弾の『オンラインビデオ広告入門』が発売されます。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%93%E3% …… 続きがあります

MCN(マルチチャンネルネットワーク)とは何か

2014年9月15日(月) 16:25
 Youtubeでビデオ投稿者に広告収入をもたらすエコシステムが出来たことで、MCN(マルチチャンネルネットワーク)という業態が成立している。音楽のVEVO、ゲームのMachinima、パフォーマーを束ねているFullscrennなどだ。

https://www.machinima.com/ …… 続きがあります

タイミングのマーケティング

2014年9月14日(日) 08:19
  前々回のブログで少し書きかけた「タイミングの最適化」についてもう少し話を拡げよう。キャンペーンという送り手のタイミングから消費者ひとりひとりのタイミングに合わせたコミュニケーションに広告マーケティング予算は相当シフトされるべきだと書いた。

 さて、検索マーケティングがこれだけの市場を獲得し …… 続きがあります

アンドロイド搭載TVの登場に見る「テレビはデフォルトで放送を受信するものでなければならないのか?」

2014年9月8日(月) 06:53
 つい先日までW杯で盛り上がったブラジル。ところで、日本のデジタル放送方式がブラジルを始め、南米諸国で採用されていることはご存じだろうか。
 ところが、せっかく日本のデジタル放送方式が採用されたにも関わらず、現地で売れているテレビはほとんど韓国製なのだそうだ。いろいろ訊いてみると、価格の問題もあるかもしれな …… 続きがあります

広告に接触すると買わなくなってしまう人がいるということ その2

2014年9月7日(日) 18:52
「どうやら広告に接触すると買わなくなってしまう人がいる」ことを広告接触と購買行動を紐付けたデータの中に垣間見ることができると前回書いた。
 では、どうしてほっとけば買ったかもしれない人が広告を当てたばかりに買わなくなるのか。仮設としては、
① 広告のトーン&マナーが嫌い。(または出てくるタレント …… 続きがあります

広告に接触すると買わなくなってしまう人もいる

2014年9月4日(木) 06:55
広告の関係者としては出来れば信じたくないことだが、広告に接触すると購買率が落ちるという現象もいくつかのデータで散見される。
ということは、究極のターゲティングとは「広告に接触すると買わなくなってしまう人をきれいに配信対象から外すこと」(至難の技だろうが)ではないかと思う。そのうえでそうした対象者には「買わな …… 続きがあります

オンラインビデオ広告への期待 その1 『レリバンシーの醸成』

2014年9月3日(水) 07:01
 インプレスR&Dから『DSP/RTB オーディエンスターゲティング入門』、『DMP入門』に続いて『オンラインビデオ広告入門』が出版されることになった。
 そこで、オンラインビデオへの期待に関して書いてみたい。
 その1は、テレビを中心としたマス広告による認知獲得と、検索など興味関心が顕 …… 続きがあります

10代前半に複数回映画館に観に行った映画ベストテン

2014年8月23日(土) 23:10
10代前半に複数回映画館に観に行った映画ベストテン
1位 バニシング・ポイント
2位 小さな恋のメロディ
3位 2001年 宇宙の旅
4位 栄光のル・マン
5位 Let It Be
6位 明日に向かって撃て
7位 恐竜100万年
…… 続きがあります

「広告ビジネス 次の10年」 補足したいこと その1

2014年6月7日(土) 09:28
 なんと電通報に取り上げてもらって、書いたことをきれいにレジュメしてもらったので、「これで内容はほぼ分かったので、本買わなくていいや。」という人が出てきそうで心配です。w
http://dentsu-ho.com/articles/1233

さて、このブログでは、これからちょくち …… 続きがあります

「コスト・パー・認知」「コスト・パー・購入意向」「コスト・パー・実購買」

2014年5月15日(木) 20:02
 オンライン広告の効果指標が、クリックベースから認知や態度変容に変わってくると、まず認識しなければいけないのは、コストパフォーマンスはインプレッション単位ではなく、ユーザー単位になるということだ。
 つまり認知者ひとりを獲得するのに、チープなバナーを20回インプレッションさせるよりも、動画広告1回当てる方が …… 続きがあります

バナーはリテンションに効く

2014年4月27日(日) 06:36
 ネット広告の効果指標に、認知や態度変容が採用されるようになってきた。
リタゲを必死でやっているネットマーケティングの世界では当たり前なんだけど、リアルな販売チャネル商品でマス広告を使うのと同様にネットを使う場合においても、やはりリテンションに効くという話。
常に「広告認知があって、その中にブラ …… 続きがあります

「ビデオクリエイティブラボ」「ベストインクラスパートナーズ」そして「データエクスチェンジコンソーシアム」の3つを仕掛ける訳

2014年4月17日(木) 17:23
1-10オンラインビデオクリエイティブラボ
http://markezine.jp/article/detail/19594

ベストインクラスパートナーズ
http://markezine.jp/article/detail/19687

データ …… 続きがあります

IABが発表した「ネット広告がTV広告を超えた」は・・・。

2014年4月13日(日) 18:04
 まあ、ちょっと読めばすぐ分かるように、ケーブルTVやシンディケート枠を含まないネットワークテレビ放送枠の市場を超えたということだ。(ネット広告費が4.28兆円で、ネットワークテレビ広告が4.01兆円なので)
 逆にアメリカはCATVの市場がこんなにあるんだと感じた方もいるだろう。
IAB Re …… 続きがあります

クリエイティブの文化

2014年4月4日(金) 08:03

 前回のエントリーにも書きましたが、私は82年~95年くらいはTVCMを中心にマス広告を、96年~今に至る期間は、日本のネット広告の立ち上がり時期からずっと携わってきました。1999年~2000年くらいには、javaを使ったインタラクションバナーに大いに刺激されました。オーストラリアのIBMがつくった確か「クリアソリュ

…… 続きがあります

ページ

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CPM
本来は、「広告が1000回表示されるごとに何円の費用がかかるか(かかったか)」を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]