業界人間ベム

このページは、以下の外部サイトの情報をRSSフィード経由で取得して表示しています。
業界人間ベム
更新: 4時間 37分 前

AD WEEKニューヨーク速報レポート その1  ~デジタルインテリジェンスNY榮枝から~

2016年9月26日(月) 07:33
AD WEEK ニューヨークが開催されます。デジタルインテリジェンスNY代表榮枝からのレポートを速報で掲載します。
今年のOpening Galaは、何と、今年出来たばかりのワールドトレードセンター施設のOculusの「中」で行うと。
これはすごいです。JTB的には、観光ネタの目玉ですね。
…… 続きがあります

電通のネット広告不正請求問題(特に海外報道)に関して

2016年9月24日(土) 18:48
 出遅れてしまったので、少し角度をかえて取り上げてみたいと思います。
 
 この件、どういう訳か海外メディアから報道され、そもそも日本の広告マーケットの不透明性を槍玉に上げているようだ。海外メディアの論調は、電通だけが悪いのではなく「日本ってそういう国」、「こういう取引が当たり前の国」というイメ …… 続きがあります

広告コストのアカウンタビリティ向上は結構な話ですが・・・。

2016年9月4日(日) 18:39
広告コストのアカウンタビリティ向上は結構な話ですが、オーディットでそれをコストカット材料にするだけでは意味がないのです。

大企業が広告に使うコストについて、社内的にそのアカウンタビリティを求める動きは常にある。特にネット広告の効果指標が(部分最適だが)明確に感じられる分、マス広告特に巨額なテレ …… 続きがあります

ネット企業は広告主となるとテレビCMのつくり方が分からないのかも

2016年8月19日(金) 19:24

ゲームアプリやEC系ビジネスなどネットビジネスが広告主となってテレビ広告を大量に使うようになった。もちろんどのCMクリエイティブでどのくらいダウンロードされたかとか測定はしているものの、そもそもCMクリエイティブ開発には、ろくにクリエイティブブリーフもない感じで、いきなり出てきたアイディアベースのつくり方をしていると感

…… 続きがあります

日本では無理してCMOをつくるよりCDO設置がいい。

2016年8月7日(日) 12:15
CMOを育てようというムーブメントが起きて久しい。しかし、日本企業でのCMO設置は相変わらず進んでいるとは言えない。
 その本質は、「日本ではマーケティングという考え方そのものが根づいていないこと」、それに尽きる。
・マーケティングが定義されていない。
・広告・販促のことをマーケティ …… 続きがあります

POEを単に職務分掌ための概念にしてはいけない。

2016年8月5日(金) 09:08
2009年にWeb研セミナーにおいて私が「3つのメディア」として考え方を紹介したことを契機に、「トリプルメディア」という概念はかなり普及したと思う。
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/contents/115
翌2010年には拙著「トリプルメディアマーケティング」が …… 続きがあります

届かないパットは入らない。

2016年8月4日(木) 07:11
テレビCMに関しては、他のマスメディアと比べれば従来からもかなり科学的なアプローチをしてきたと言える。リーチ、フリークエンシー、GRP・・・と確立した指標がある。しかし、人口減少社会となった現在、いくつかはそのまま使っていていいのかと首を捻りたくなるものも、そもそも「そんなんでいいのかな?」というのもある。
…… 続きがあります

逃げ切り世代は、本当に逃げ切れるか

2016年7月31日(日) 10:11
 サラリーマンでいると、年金の仕組みがどうなっているかの実際のところは、定年まじかになって講習を受けたりするころにやっと理解する場合が多いらしい。
 つまり、後輩たちが頑張ってその企業の業績を維持してくれないと、OBの年金も怪しくなることをそこで知るのだ。部下に厳しいおとうさんが、急に優しくなるらしい。(笑 …… 続きがあります

欧米エージェンシーの進化系報酬制度は日本にも来るか

2016年7月28日(木) 08:01
久しぶりにデジタルインテリジェンスニューヨーク(榮枝代表)からのレポート抜粋です。

旧来のエージェンシーとは全く別の「新種のエージェンシー」が数多く登場した事により、依頼主(クライアント)とエージェンシーとの取引形態に変化が起こっている。
まずは「業態が違えば、それぞれにふさわしい …… 続きがあります

業態と人材

2016年7月12日(火) 07:08

  「広告会社という業態を維持していていくためには、今の人材では立ち行かなくなった。」そう感じる関係者が多くなった。「業態」の維持というより、今の販売先と仕入先、つまりはポジション(立ち位置)の維持ということを言っているのかもしれない。消費者のコミュニケーション構造が変わり、クライアントの求めるものが変わった。広告主と

…… 続きがあります

「グロス・アテンション・ポイント」

2016年7月1日(金) 09:16
 デジタルインテリジェンスからGAP「グロス・アテンション・ポイント」の測定と指標化について昨日リリースした。
 テレビ画面注視率(アテンション・インデックス)をその投下CMすべてにおいて他仕上げた数値と言ったらいいだろうか。GRPと相当する注視率総計である。
 
 ベムは昨年から「 …… 続きがあります

テレビ広告のバイイングの未来

2016年6月21日(火) 15:16
先日DIGIDAYにテレビのプログラマティックバイイングについて書いた。
http://digiday.jp/agencies/tv-programatic-buying/?platform=hootsuite
で、もっと話を付け加えておきたい。

そもそも日本でテレビス …… 続きがあります

ターゲットに強く刺さるCMはつくりにくくなった。

2016年5月30日(月) 17:26
 広告業界に35年いるとCMの歴史をそれなりに辿って、その変遷をイメージしたりすることもある。最近とみに感じるのは、どうも「ターゲットに強く刺さるCMはつくりにくくなったのではないか」ということである。逆に誰にでも好感をもたれる最大公約数のCM、つまりネガティブな反応が少ないCMが受け入れられている。
 そ …… 続きがあります

2016日本のマーケティングテクノロジーランドスケープ改訂版

2016年5月25日(水) 09:10

さて、先日公開のランドスケープに関して各方面からのご意見もありさっそく改訂させていただきました。引き続きご意見いただければ幸いです。

スマホ動画広告市場はいったん踊り場が来るが、その後スパークする。~その間でテレビがプログラマティック対応できないと主役は逆転する~

2016年5月19日(木) 17:25
テレビのプログラマティックバイイングに関してはDIGIDAYに寄稿しました。
http://digiday.jp/agencies/tv-programatic-buying/
さて、スマホの動画が関しては、PCほどユーザーの受容性に関して、まだ改善の余地がある。そもそも動画広告のインベントリー …… 続きがあります

デジタルマーケティング専門の罠

2016年5月14日(土) 14:30
 ベムは以前から終始、「e-メール」という言い方が「メール」になったように、デジタルマーケティングからデジタルという形容詞が取れる前提で取り込まなければならない。」と言っている。また、「デジタルマーケティングとは、マス・リアル・ネットの3領域すべてをデジタルデータで統合し、顧客導線を最適化する試み」と定義している。 …… 続きがあります

広告のアロケーションのトレンドは、都市部ではテレビからデジタルデバイスシフト、そしてテレビCM投下のローカルへのエリアシフトへ

2016年5月11日(水) 07:51
「CMを科学する」 ~その3~ です。
 テレビを観ない若年層が多くなっている。これは家にいてもテレビを観ない、場合によっては「単身世帯にテレビがない」という現象が、そもそも都市部でのテレビ番組のゴールデンタイムの晩の時間帯に帰宅していないということに加わって、さらに若年層の視聴時間低下に拍車をかけている。 …… 続きがあります

2016年版「日本のマーケティングテクノロジーランドスケープ」

2016年5月10日(火) 07:15
もうかれこれ3年が経ちますが、2013年にこのブログにデジタルインテリジェンスとして「日本のマーケティングテクノロジーのランドスケープ」を掲載しました。実はこれは今は亡き鈴木望くん(旧レスポンシス)と私の共同作業でした。
http://g-yokai.com/2013/02/post-300.php
…… 続きがあります

テレビの本当の味方

2016年4月27日(水) 17:34
 「テレビCMを科学する」に関しては、「テレビCMの到達実態がここまで分かるのか」という反応をいただく。と同時に「こんなに解明しちゃって大丈夫ですか?」というご心配もいただく。w
 この本の趣旨は、人口動態や視聴時間の偏差から、世帯視聴率だけでマーケティングすることに無理が出てきていて、また世帯視聴率ベース …… 続きがあります

「視聴質」とは何か ~ 『CMを科学する』その2 ~

2016年4月11日(月) 06:38
『視聴質』とは何か
 『CMを科学する』のなかで最も大きなテーマとしているのが『視聴質』。
従来も旧広告主協会が「テレビの視聴質」を測定してほしいとのメッセージを業界に投げかけたこともある。ただ『視聴質』の定義も、その測定方法も確立しなかった。
 ベムは今回の本で『視聴質』を下記のよ …… 続きがあります

ページ

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]