ニールセン、「2013年日本のインターネットサービス訪問者数ランキング」を発表

YouTubeは毎月平均2720万人が利用し、Amazonは毎月平均2342万人が利用

インターネット調査のニールセンは、スマートフォン視聴率情報「Mobile NetView」とPC版インターネット視聴率情報「NetView」のデータを基に、2013年の日本におけるスマートフォンとPC、2スクリーンでのインターネットサービスの訪問者数ランキングを12月25日発表した。2013年はインターネットの各種サービスの利用がパソコンからスマートフォンへと移行した転換の年で、パソコンからのインターネットサービス訪問者数TOP10は、すべてのサービスで2012年よりも訪問者数が減少していた。それでも動画視聴やオンラインショッピングはパソコンからの利用も多く、YouTubeは毎月平均2720万人が利用し、Amazonは毎月平均2342万人が利用。それぞれのサービスカテゴリ内でトップだった。Mobile NetViewは日本全国の4000人の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を基に作成。PC版のNetViewは、4万人以上のオンライン視聴者パネルを構築し、データを収集、報告している。

スマートフォンの保有率は2012年10月時点は23%で、2013年10月時点では33%だった。アプリ利用者数でトップだったのは「LINE」で、2013年4月から10月の間、毎月平均で2119万人が利用していた。第2位は「GooglePlay」、第3位は「GoogleMaps」、第4位は「Facebook」だった。トップ10アプリで、4月からの半年間でもっとも成長していたのは「Yahoo!JAPAN」で、ユニークユーザー数が45%増加していた。タブレット保有率は、2012年10月時点での保有率は10%で、2013年10月時点では18%に増加していた。

ニールセン
http://www.netratings.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]