facebook とは 意味/解説/説明

用語「Facebook」が使われている記事の一覧

全 387 記事中 1 ~ 50 を表示中

ページ

Facebook広告に関して、「関連度スコア」「マルチプロダクト広告」「広告マネージャアプリ」など、大きな動きが続いている。それらを紹介するとともに、運用においてよくある失敗例も解説。今月の旬の投稿ネタは「ゴールデンウィーク」と「母の日」だ。

今月も、国内大手企業のファン数&エンゲージメント率・最新動向を分析・紹介。さらにFacebook広告の新機能である、接続速度(2G/3G/4G)によるターゲティングや、日時指定による広告配信など、最新動向を紹介する。旬の投稿ネタは「ハロウィン」だ。

今月も、国内大手企業のファン数&エンゲージメント率・最新動向を分析・紹介。さらにニュースフィードアルゴリズムの改善、動画投稿の再生回数表示など、最新動向を紹介する。旬の投稿ネタは「クリスマス」と「年末の挨拶」だ。

今月は、、ビデオ広告の自動再生、投稿表示のアルゴリズム変更という最新動向を紹介する。旬の投稿ネタは「元日」「お正月」「成人の日」の3本立てだ。もちろん、国内大手企業のファン数&エンゲージメント率・最新動向も分析・紹介する。

Facebookページ運用者必見、旬の投稿ネタは「ホワイトデー」「春の訪れ」「エイプリルフール」だ。また、「動画」タブへの新機能追加、虚偽コンテンツを表示させない対策について解説するほか、今月も、国内大手企業のファン数&エンゲージメント率・最新動向を分析・紹介。

ソーシャルメディア広告は難しい? お金をかけないのがソーシャルメディア? いえいえ。企業のマーケティングならば、広告を有効活用し、より多くの最適なユーザーと「つながり」「情報を届ける」べきだ。Twitter、Facebook、Instagram、LINEごとに、ポイントを解説する。

1月30日に行われるFacebookの利用規約やデータポリシーの改定、それにともなう影響について解説する。旬の投稿ネタは「節分」「バレンタイン」だ。また、今月も、国内大手企業のファン数&エンゲージメント率・最新動向を分析・紹介。

今月より、国内大手企業のファン数&エンゲージメント率・最新動向を、その具体的な投稿内容とともに分析・紹介するコーナーがスタート。さらにFacebookの新機能「クロスデバイスレポート」、プラットフォームポリシーの改定といった動向、旬の投稿ネタのアイデアなどを紹介する。

Web担編集部 2013/11/15 8:00 (187)(46)

どうすればFacebook広告を上手に活用できるのか、効果測定のコツはあるのか。Facebookのアジアパシフィック地区の広告効果測定チーム責任者であるChris Plambeck氏に答えてもらった。成功に共通するのは「リーチ」「クリエイティブ」「プレイスメント」3つだという。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

某有名SNSのスタッフブログに勝手にリニューアル提案

Moz(旧SEOmoz) 2008/02/12 9:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

今回は、「あの有名サービスの公式ブログに勝手にリニューアル提案」というもの。

サービスの運営スタッフが書く公式ブログというのは増えてきているが、そのブログが目的をどれぐらい達成できているかは、場合によっては甚だ疑わしいこともある。

米国で有名なSNS「Facebook」のスタッフブログを取りあげているが、提案の内容は日本のWeb担当者にも役に立つはずだ。少なくとも、日本語訳された記事を編集した私は「ふむ、なるほど」と読んで良かったと感じたので、ぜひ紹介したい。

今年のGWに向け、投稿ネタに悩んでいるFacebook担当者も多いだろう。今月は、GWの投稿ネタ、新デザインの重要ポイント、スポンサー記事終了などといった、旬の7つのネタを紹介する。

今月は、Facebookアプリの新仕様、新インサイト「ビデオメトリックス」、プレミアムビデオ広告、サードパーティ・モバイルアプリへの広告配信ネットワーク、Facebookログインの新機能など、カンファレンス『f8』で発表された最新情報などを中心に紹介する。梅雨・七夕・海の日といった投稿ネタも。

お悩み解決! ソーシャルメディアあるある情報

Facebook・Twitter・Instagramと自社メディアの“相性”、わかってますか?

田村憲孝(オプト) 2016/01/19 7:00 (69)(48)

3大ソーシャルメディアとも言える「Facebook」「Twitter」「Instagram」。企業担当者にとっては、それぞれの特徴を把握し、うまく使い分ける必要がある。今回は、それぞれの特徴を確認したうえで、それに応じた投稿のキホンを各社の事例から学んでみる。

今月は、企業のFacebook活用の現状の紹介、リンク投稿のサムネイルサイズの変更、ニュースフィード表示アルゴリズムへの機械学習システム導入、投稿動画の自動再生テスト、投稿ネタTIPSといったトピックを紹介する。
田村憲孝(オプト) 2016/03/15 7:00 (126)(42)

ソーシャルメディアへの動画投稿はごくごく当たり前の時代。でも我が社は素材 があるわけでも、なにかインパクトのあるネタがあるわけでもないし……。そんな悩みを持つ担当者のみなさん、視点を変えれば、じつはいくらでも、ユーザーを惹き付ける方法があるのだ

お悩み解決! ソーシャルメディアあるある情報

ソーシャルメディアの投稿ネタがない! そんなあなたに8つのヒント

田村憲孝(オプト) 2015/09/04 7:00 (138)(43)

「あるある!うちもそうだよ!」といった、企業のソーシャルメディア担当者共通の悩みをぶった切る! ソーシャルメディアの運用から担当者自身の社内の立ち回り方まで、さまざまな切り口で役立つ情報を紹介。今回は、投稿するネタがないときに読むと役立つ8つのヒントを紹介。

今月は、年末年始の動向、スポンサー記事広告の変化、ニュースフィードアルゴリズムの調整、新機能「トレンディング」開始、「バレンタインデー」「ひな祭り」の投稿ネタといったトピックを紹介する。

今月は、国内ユーザー2200万人突破、投稿・共有後の内容アップデート、カスタムオーディエンス、アクションボタンの追加、動画広告、11月らしい投稿ネタTIPSといったトピックを紹介する。

今月は、Facebook開設10周年、新アプリ「Paper」、リンク投稿でのアクションボタン設置、「春」「新生活」「エイプリルフール」の投稿ネタといったトピックを紹介する。

FIFAワールドカップでは公式スポンサーがさまざまな投稿をFacebookで行った。それらの投稿事例を分析する。また、ニュースフィードアルゴリズムの改善、カスタムオーディエンスの新機能、新広告メニュー「マルチプロダクト広告」など、旬の最新情報も紹介する。

田村憲孝(オプト) 2016/12/02 7:00 (218)(27)

営業マン・店員など、「顧客と直接に接するスタッフ」がソーシャルメディアを活用するには、独特のノウハウがある。大事なのは「好きなことのアピール」「専門性のアピール」「宣伝」の3つだ。メリット・デメリットも含めて考察する。

Facebookがオーガニックリーチ減少について言及した。その要因と今後に関する見解を紹介する他、ビデオ広告3つの新機能、右エリアの広告枠サイズの変更、今のシーズンの投稿ネタなど、最新情報を紹介する。

「Facebookの仕様がまた変わっている!」「いつの間にこんな機能が?」……。Facebookは次々に新しい機能を発表しており、Web担当者が日々の業務の中で情報をキャッチアップすることは非常に大変だ。本コラムでは、そんなWeb担当者をフォローすべく、最新のFacebookネタを厳選して紹介していく(月1回連載)。

田口 和裕 2008/02/18 10:00 (68)

Web 2.0的サービスケーススタディ
ソーシャル広告やプラットフォーム戦略で注目が集まる今最も熱いソーシャルネットワーク「Facebook」

「Facebook(フェイスブック)」は、今最も注目されている、米国発のSNS(ソーシャルネットワークサービス)だ。その勢いから、Googleが現在最もライバル視しているサービスだともいわれている。

2007年11月に、「ソーシャル広告」という新しい広告サービスを開始して注目と議論を集めたFacebook。まさにWeb 2.0的なサービス内容を改めて理解しておこう。

今月は、ニュース記事リンクのアルゴリズム変更、「今すぐ寄付」ボタン、「Facebook for business」の日本語対応、自動再生される動画広告、「1月の投稿」ネタといったトピックを紹介する。

楽して成果につなげる! 複数ソーシャルメディア統合運用術

Facebook投稿5つの最新テクニックを使ってますか? ―― 成果につなげるFB投稿ノウハウ(後編)

Facebook投稿を考えるうえで、意識すべき7つのポイントを解説する2回目。今回はFacebook投稿の「最新テクニック」5つとともに、「真摯さ」が持つ意味を考える。投稿のアイデアにつながる重要な点だ。

田村憲孝(オプト) 2016/06/14 7:00 (236)(49)

企業の“顔”である公式アカウントへのクレームは、「投稿内容」「企業姿勢」「店舗」の3つに大別できる。今回は、それぞれのパターンと対処方法を考察する。

「Facebookの企業活用」をテーマに3回に分けて論考。今回は、投稿のネタ出しに使える7つのポイント(のうち5つ)を紹介する。「有益さ」「季節感や記念日」「自社の歴史」「裏側」「傾聴」の5つについて、実際の事例とともにテクニックを紹介する。

投稿ネタが少ない6月だが、各社は「母の日」の投稿ネタで工夫を凝らしている。今月は、母の日の投稿ネタ、Facebook投稿に関する新たなペナルティ、カスタムオーディエンスのリターゲティング機能、類似オーディエンス機能の強化、デスクトップニュースフィード広告画像の表示サイズといった、旬の5つのネタを紹介する。

お悩み解決! ソーシャルメディアあるある情報

「炎上したらどうするんだ!」Twitterに反対する上司、どうすればいい?

田村憲孝(オプト) 2016/02/19 7:00 (61)(52)

「炎上したらどうするんだ!」上司がそう言って、Twitterアカウントを開設させてくれない……ありますよね……。そんなあなたに、頭の固い上司や組織への対処方法をお教えします。

お悩み解決! ソーシャルメディアあるある情報

もう広告屋には騙されない!ソーシャルメディア広告の究極の目的3つ

田村憲孝(オプト) 2015/12/11 7:00 (47)(44)

ソーシャルメディア広告の目的としては、「コンバージョン」に加えて、「ファン獲得」「投稿を多くのユーザーに届ける」という3つがある。これらはどのように機能しているのか、3つの目的ごとに、詳しく解説する

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

Googleを潰すのはYahoo!なのか、Facebookなのか、または……

Moz(旧SEOmoz) 2007/10/31 9:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

日本では少し状況が違うが、英語圏ではGoogleが検索エンジンの最大手である。SEOmozにGoogle関連の記事が多いのもそのためである。

そのため、英語圏では以前から「Googleを超える検索エンジンは現れるのか、現れるとしたらどこなのか」といった話が頻繁にされてきた。

この記事では、いくつかのサービスの特徴を紹介し、そして最終的に、検索エンジンに求められることのなかからGoogleが満たせていないものを挙げ、Googleを超える存在となり得るサービスを探す。

田村憲孝(オプト) 2016/04/20 7:00 (184)(41)

社会人1年生が、重要情報をソーシャルで公開してしまったり、歓迎会で浮かれて不要な行動をしてしまったり……。そんな「新入社員ソーシャルあるある」が発生しないよう、Web担当者の皆さんが教えるべき注意点をピックアップしておきたい

地震、豪雨、台風など、大きな災害・事故・事件が起こった場合、企業アカウントは即座に投稿を止めるべきなのだろうか、それともいつもどおり運用すべきなのだろうか? 有事の際のソーシャル利用の心得を解説。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

Facebook広告の利点――超低予算で、詳細なターゲット化のチャンス

Moz(旧SEOmoz) 2009/03/31 9:00 (56)(37)

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

英語圏の話が中心になってしまうが、やはり人気SNSのFacebook(フェイスブック)の広告システムは、注目に値するものだ。もちろんSEOは大切な集客手法ではあるが、自分が施したSEOの効果が出るまでに行うアクションとして、いかにFacebookがすぐれているか、SEOmozならではの解説を見てみよう。

田村憲孝(オプト) 2016/07/27 7:00 (219)(27)

ソーシャルメディアを運用し頻繁に投稿しても、ファンからの反応がないと、担当者自身がおもしろくないし、それが伝わってしまうと負のスパイラルに入る可能性もある。コメントがザクザクもらえる投稿のコツを、今回は考察する。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

FacebookをSEOとマーケティングに活用しよう(前編)

Moz(旧SEOmoz) 2008/11/26 9:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

英語圏で現在最有力のSNSであるFacebook(フェイスブック)のアクティブユーザーは、2008年8月26日に1億人の大台に達し、その後も指数関数的なペースで成長を続けている。しかし、Facebookは依然として、インターネットマーケターにとって未開発のオアシスのような存在だ。

Facebookのエンジニア2人に会う機会があって、インターネットマーケターとSEO業者がFacebookを最大限に活用するには具体的どうすればいいかについて話し合った。そのときの内容をかいつまんで紹介しよう。

今月は、スポットの評価の五つ星表示、ソーシャルプラグインのデザイン変更、写真投稿時の素材画像の適正サイズ、クリスマスや年末挨拶の投稿ネタといったトピックを紹介する。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

Facebookの「Lexicon」はキーワード調査に使えるかも

Moz(旧SEOmoz) 2008/06/10 9:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

Facebookが4月15日に簡単なキーワード調査ツールとも呼べそうな機能「Facebook Lexicon」の提供を開始していた。実はこの機能は、すでに世に出ている有料ツールの一部に比べると、よっぽど高度なものなのではないかと思えるものだ。

「Twitterに投稿しても、ユーザーに見てもらっている様子が、全然ない」という相談を、必ず企業から受ける。「投稿するネタがそんなにない」「そんなに投稿するための時間がとれない」「投稿しすぎると他のユーザーからイヤがられる」という理由を、すべて解決しよう。

お悩み解決! ソーシャルメディアあるある情報

社内のエピソード、どこまでソーシャルメディアで言っちゃっていいの?

田村憲孝(オプト) 2016/09/06 7:00 (260)(28)

こちらに悪気がなくても、見る人によって内容が非常に不快に感じられる――ソーシャルメディア投稿で起こりがちな、なにげない社内エピソードの投稿だったはずが、思わぬ反応を引き起こすケースについて考察する。

お悩み解決! ソーシャルメディアあるある情報

ソーシャルメディアの「目的」っていったいどうやって決めたらいいの?

田村憲孝(オプト) 2015/10/05 7:00 (81)(51)

今回は、ソーシャルメディア運用の目的とチェックするべき数値について考察する。

企業ホームページ運営の心得

Facebookの苦戦と世界に誇るべき和製SNS

日経新聞の記事「フェイスブック『開国』迫る 7億5000万人の『世界世論』」にもあるように、日本のFacebook普及の壁の1つに和製SNSの存在があります。Facebookが日本市場をのみ込む日は来るのか、ミヤワキ流の角度で迫ります。

お悩み解決! ソーシャルメディアあるある情報

ソーシャルメディアを複数の担当者で運用するときに知っておくこと

田村憲孝(オプト) 2015/11/10 7:00 (33)(34)

今回は、ソーシャルメディアを複数担当者で運用している場合、ポイントとなるのは「複数で運用していることを公表するかしないか」「1人でやっている場合は、どのように統一感を持たせるか」の2点だ。

ソーシャルメディアに、毎日計画的に投稿するのは、負担は大きいがメリットも大きい。ソーシャルメディア担当者のため、1年間の計画的な投稿も可能な、ネタ探しの“秘策”を、2017年の初っぱなに紹介しよう。

調査によると、アジアのFacebookユーザーは減少傾向にあり、日本でも2か月連続で減少しているといいます。さまざまな企業事例もでていきていますが、上場した際の熱狂からすると、勢いが衰えてきているように感じられる、Facebookのポテンシャルについて再検証ます。

田村憲孝(オプト) 2016/10/25 7:00 (266)(27)

「チャットボット」が、今年に入って活性化している。チャットボットって何? どんなもの? 自社Facebookページにマンネリを感じているあなた、迅速なユーザー対応は、ファンを増やす契機にもなりますよ。

お悩み解決! ソーシャルメディアあるある情報

新人を“一人前のソーシャルメディア担当者”に育てる必殺の3ステップ!

春です。新しくソーシャルメディア運営チームに配属されて、「ぼく向いてないんです」「ユーザーの反応がないから」「ソーシャル使ってるからわかります」なんて言う新人に、「仕事としてのソーシャルメディア運用」を教える3つのステップを解説!

ようやくFacebookをはじめました。Facebookとは世界中に5億人の利用者がいるとされるSNSです。気軽に海外とコミュニケーションできる巨大なチャネルですが、商売で使うならば別の視点が必要です。

今日は、Facebookの話題を。自社サイトの記事がシェアされたときに、大きな画像で表示されるようにする方法を解説します。ポイントはog:image画像のサイズです。

ページ

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ナビゲーション
サイトの訪問者が、サイト内で目的のコンテンツを探したり、サイト内の他のコンテンツ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]