コールトゥアクション とは 意味/解説/説明

よろしければこちらもご覧ください

同義語

同義語 の「CTA」を参照

この記事が役に立ったらシェア!

用語「コールトゥアクション」が使われている記事の一覧

全 12 記事中 1 ~ 12 を表示中

PR

インスタ広告“勝ちクリエイティブ”の作り方!~アクションを促す7つのTIPSとは

Instagramのトレンドや広告効果を高める最新メソッドとは
ステップ・バイ・ステップで始める! 企業のInstagramマーケティング

すぐ始められる!始めたくなる!「Instagram広告」をキホンのキから解説

アカウント運用とセットで考えたい、効果的かつ人気の施策「Instagram広告」について紹介。アプリを使った広告の出し方、広告マネージャを使った広告の出し方をステップごとに解説。
『ENGAGE TO WIN』エンゲージメント・エコノミー時代を勝ち抜くには by Marketo(全8回)

企業の成長には「エンゲージメント」が必須。マルケトCEOが綴る顧客とのかかわり方とは?

顧客とつながりを持つためには、企業はどうすべきか。マルケトCEOのスティーブ・ルーカス氏著書『ENGAGE TO WIN』をWeb担で特別公開します(第1回)。
Webデザイン、これからどうなるの?(全10回)

1カラムレイアウトはもはや王道! Webサイトデザインの基本を解説

シングルカラムのWebデザインって、2カラムとどう違うの? 特徴やメリットは? モバイルファーストなサイト制作が求められる今の時代、ワンスクロールで見ることのできるシングルページレイアウトは主流になっています。ワンカラムだからこそできるコンテンツ設計や、ハンバーガーボタンの標準化など、日々変わりゆくウェブサイトのこれからを大解説。(第3回)

ランディングページにおける効果的なコールトゥアクション(CTA)の作り方|MarkeTimes(マーケタイムズ)

コールトゥアクション(CTA)の効果的な作り方

Twitterが全広告主に会話型カードの提供を開始、インセンティブで会話をうながす新機能も提供

より多くのポジティブなツイートを生み出す広告フォーマット。高度な分析機能も提供

米国FacebookがCTAボタン機能を強化、ページから離れずに予約や商品購入が可能に

数タップで入力、送信可能な簡単なフォームを表示する新たなCTAボタンを追加

トランスコスモスとソーシャルギア、Instagram Ads APIを活用した広告サービスを8カ国で提供開始

広告管理サービス「social gear Ads+」において、Instagramへの広告配信が可能に

Twitterが新しい広告「カンバセーショナルカード」のテスト開始、ハッシュタグ型のアクションボタンを搭載

一部の広告主でテスト。独自に設定したハッシュタグのコールトゥアクションボタンを掲載できる

ランディングページでの効果的なCTAの作り方

ランディングページ最適化の無料でダウンロードできる資料を公開

Instagramストーリーズ広告、最大3つの素材を同時掲載できるカルーセル形式を追加

最大で3つまで、画像・動画・リンクなどを組み合わせて掲載できる
先週のWeb担まとめ記事

Googleのブランド効果測定サービスは、本当にスゴい仕組みでした!

「プッシュ通知をブラウザに送るサービス」「コンテンツマーケティング1,000人実態調査」なども
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

リアルタイム検索
Webに公開されたコンテンツが、すぐに検索できるようになる仕組み。 または ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]