CTA とは 意味/解説/説明 (シーティーエー) 【Call To Action,コールトゥアクション】

読み方

シーティーエー

略語/フルスペル/訳語

Call To Action,コールトゥアクション

CTAは「Call To Action」の略。日本語の意味としては「行動喚起」といったところ。

Webサイトで訪問者を、とってもらいたい行動に誘導することを意味し、多くの場合はボタンやリンクの形で表示される。

たとえば、資料請求をしてもらうことが目的のサイトであれば、「いますぐ資料請求をする」「無料で3日以内に届く資料を取り寄せる」といったボタンで、ユーザーを資料請求ページへ誘導するのがCTAとなる。

Webサイトでは、意外なページが検索エンジンなどから人を集めている場合がある。たとえば事例のページやコラムのページなどだ。そういったページにはCTAが用意されているとは限らない。グローバルナビゲーションやサイドバーに「資料請求」というリンクがあったとしても、訪問者はそこに目がいっていない可能性が高いため、コンテンツエリアの下部などに改めてCTAを用意するのが効果的になる。

アクセス解析を行い、多くの人が訪問しているページがあれば、そのページにCTAを設置すると、コンバージョン数が向上する可能性が高まる。

用語「CTA」が使われている記事の一覧

全 67 記事中 1 ~ 50 を表示中

ページ

今日は、Webページのデザインにおけるアクセントとして、画像を一切使わずに、フォントだけで表現できる手法を、実例付きで455個まとめて紹介します。

時代は「SEO」から「SXO」へ ~海外最新サーチ事情・市場予測

SXO実現のためのユーザビリティ観点で押さえておくべき3つのポイント

SXO(Search Experience Optimization)では、サイトの技術的な基盤である「ユーザビリティ」が、最初に考えられるべきだ。具体的には「モバイルフレンドリー」「情報の構造化」「クローラビリティ&インデクシング」という3つのポイントが重要だ。

鈴木 謙一 7/28 7:00 (121)(61)

SEO担当者ならば、Search Consoleの「検索アナリティクス」で、サイト全体の検索順位が大幅に下落しているのに気づいただろうか。何が起きているのか、わかりやすく解説する。

Moz(旧SEOmoz) 2014/05/19 9:00 (60)(47)(22)

この記事では、過去に経験したことのないような要因で検索順位が下がる脅威について迫りたいと思う。まず検索順位を維持するために必要と考えられている要素を検討しよう。それから、こっちのほうがもっと重要なのだが、たとえ検索順位が下がっても成功を維持するSEO戦略を策定するにはどうすればいいかについて解説する。

各社の事例でわかるオウンドメディア運営の「企画」「構築」「成果」ノウハウ

新人Web担でもできる! オウンドメディアの「省エネ」分析・改善4ステップ

小嶋大貴(キラメックス) 2016/08/02 7:00 (72)(49)(24)

オウンドメディアを始めたばかりという新人Web担当者を対象に、無理なくすぐに実践できるオウンドメディアの改善方法を紹介します。どれも1人でできる「省エネ」改善術です。

鈴木 謙一 2016/06/17 7:00 (54)(55)

SEOで本当にしなければいけない、小手先テクニック以外のこととは何だろうか。サイトの規模別に考えるべきSEOのアプローチを、辻氏がわかりやすく整理してくれた。

鈴木 謙一 8/4 7:00 (194)(243)(62)

グーグルの検索結果におけるクリック率(CTR)に関する詳細な調査レポートの情報を、ピックアップ情報としてお届けする。SERP 2ページ目のCTRにも(少しだけ)注目だ。

各社の事例でわかるオウンドメディア運営の「企画」「構築」「成果」ノウハウ

オウンドメディアのサイト設計で外せない7つのポイント+9つのチェックリスト #03

壽 かおり(シックス・アパート) 2015/07/30 7:00 (207)(56)(47)

オウンドメディアを始めると決まったら、まず用意しなくてはならないのが、コンテンツを入れるための“器”つまりWebサイトです。今ある企業サイトの一部として作るにしても、新しくサイトを立ち上げるにしても、器の作り方で次第で運用のしやすさが変わってきます。

野田 洋輔(Kaizen Pl... 2016/03/08 7:00 (275)(101)(68)

あなたのサイトは、お客さまにとってわかりやすく、かつ、お客さまをビジネス成果に導ける作りになっているだろうか。現状のサイトを元に訪問者の心理や行動の仮説を立て、ページのUIをどう変えればコンバージョンが増えるかを考える、「グロースハッカー」の考え方を参考にしてみるのはどうだろうか。

株式会社VOYAGE GROU... 2011/11/07 10:00 (522)(317)(339)

A/Bテストといっても、何をどうテストすればいいのか、いまいちピンとこないという方のために、結果を生んだA/Bテストの事例をいくつか紹介しましょう。

楽して成果につなげる! 複数ソーシャルメディア統合運用術

話題の「Instagram」を企業はどう使う? その答えは「世界観」にあり

「Instagram」は、画像を介した交流に特化したソーシャルメディア。若年層に利用者が多く、「感性訴求第一」のメディアです。自分で世界観を作り上げることができるとともに、他ユーザーの世界観を楽しめるという特徴が、運用のカギを握ります。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

トップページの終焉――ウェブサイトのパーソナライゼーション事例

Moz(旧SEOmoz) 7/10 7:00 (597)(152)(78)

企業Webサイトのトップページを訪問者ごとにパーソナライズするのは、どうなのだろうか。Optimizelyのサイトでトップページをパーソナライズした事例から、その考え方やセグメントの分け方、クリエイティブ、そして成果を紹介する。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

検索順位とトラフィックを獲得できる、title要素のハック7選

Moz(旧SEOmoz) 7/24 7:00 (138)(85)(60)

title要素なんて、ごく当たり前の存在だ。それが最新のSEOでもまだ重要なのかと疑問に思う人がいるかもしれない。だが、クリックスルー率に関して言えば、その答えは間違いなくイエスだ。

鈴木 謙一 2010/12/03 9:00 (57)

1週間のSEO/SEM情報をさくっとまとめるこのコーナー、Yahoo! JAPANのグーグルエンジンへの切り替えが完了したようだ。ヤフー→グーグル化に関する話題を中心に、今週も濃いSEO情報をお届けする。

田口 和裕 2016/06/17 7:00 (131)(43)

コンバージョン率の向上で最重要なのは、CROだ。しかし、Web担当者でこれをきちんと理解して実践している人は、あまり多くないのではないか。CRO実践の基本フローと3つの秘策を紹介する。

鈴木 謙一 2010/07/23 10:00 (57)(23)

1週間のSEO/SEM情報をさくっとまとめるこのコーナー、今回のピックアップは「ヤフーのリダイレクト処理のバグを利用したSEO」の記事。ほかにも、密かに問題となっているMFOサイトによるリスティング広告費の被害の問題などを取り上げている。

新しい顧客接点を生むWebプッシュ通知の活用法&ベストプラクティス

Webプッシュ通知の活用法&ベストプラクティス――後編:ベストプラクティスとチェックリスト

株式会社ドーモ 2016/07/28 7:00 (34)(23)

Webプッシュで成果を伸ばすために大切な「チェックリスト」と、オプトイン・パーソナライズ・コンテンツ・頻度のベストプラクティスを、具体的に解説します。

今日は、Webページを素早く表示するために、lazyloadやスプライトで使うblank.gifをdata URI化する手法に関して。モダンブラウザで表示に問題のない最短文字数と処理にかかる時間を調査してみました。ちょっと技術的です。

Moz(旧SEOmoz) 2014/12/01 8:00 (26)(44)(22)

マルチデバイス時代のコンテンツ戦略を考えるこの記事、後編となる今回は、デバイスごとの特徴と有効なコンテンツを紹介し、それに基づいたコンテンツ戦略の立て方を考えていこう。Excelを使ったわかりやすい「デバイスごとのコンテンツの計画」の方法も紹介する。

Moz(旧SEOmoz) 5/8 7:00 (24)

コンテンツマーケティングでのコンテンツ配信でのプログラマティック取引を解説するこの記事は、前後編の2回に分けてお届けしている。今回は、プログラマティック配信について、どのような活用の仕方が考えられるかを見ていこう。

Moz(旧SEOmoz) 2015/09/28 7:00 (30)(73)(34)

訪問者がサイト内検索で使用するキーワードは、本当に価値がある。この記事では、サイト内検索のキーワードを正しく分析してユーザーがコンテンツにエンゲージメントする理由や方法を明らかにし、コンテンツやSEO、ユーザージャーニーを改善するための基本的な方法を解説する。

医療・介護業界の求人サイト「スタッフサービス メディカル」では、従来の改善施策に行き詰まりを感じていた。それを打開したのは、バブルチャートとヒートマップを使って視覚的に「本当のユーザー行動を知る」という取り組みだった。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

Google AnalyticsのイベントトラッキングでCTA(Call To Action)の効果を追跡

Moz(旧SEOmoz) 2010/06/21 9:00 (49)

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz 検索マーケティングのニュース&テクニック

さまざまなCTA(Call to Action:行動喚起)ボタンをページ上に設置しながら、それぞれがどの程度効果があるのか気になることがあるだろう。ページ内のどのリンクがクリックされているかを調べるGoogle Analyticsの活用方法を解説する。

Moz(旧SEOmoz) 2014/08/25 9:00 (62)(50)

SEOを意識してキーワードやタイトルを頑張るのは良いが、御社のコンテンツでは「オーディエンス(訪問者)の意図」も考えているだろうか? 実例を踏まえながら、「意図を考えたコンテンツ」について解説する。

Moz(旧SEOmoz) 2016/02/15 7:00 (70)(65)(23)

「レスポンシブならOK」という考え方に警鐘を鳴らすこの記事、今回は、前編で紹介した米ホンダとは異なり、ユーザーの見たいものを提供しているサイトを紹介し、さらに、ユーザーの見たいものを把握するにはどうすればよいかを考えていく。

Moz(旧SEOmoz) 10/16 7:00

コンバージョン率最適化(CRO)でよくある6つのミスのうち、「すでにうまくいっているページやキャンペーンの扱い」「戦術に基づいたCROと調査に基づいたCRO」「テストが失敗した場合」を解説。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

SEOとユーザビリティを結びつけてコンバージョンを増やす4つのポイント

Moz(旧SEOmoz) 2011/04/18 9:00 (41)(140)(90)

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz 検索マーケティングのニュース&テクニック

どうすればSEOと優れたユーザビリティを結びつけることができるかを考えてみよう。SEOの目的は最終的なコンバージョン数の向上にあり、検索結果でクリックされたら終わりというものではない。

Moz(旧SEOmoz) 2015/04/20 7:00 (30)(72)(60)

コンテンツマーケティングに昔からある「そのコンテンツが成果につながるか判断せずに、アイデア優先でコンテンツ作成を始めてしまう」問題を解説するこの記事は、前後編の2回に分けてお届けしている。後編となる今回は、オーディエンスのニーズを探るためのプロセスとヒントを見てみよう。

CMO.com by Adobe 2015/04/07 7:00

この記事では、マーケターの改革に関する話題の一環として、設立70年の伝統的な会社を「デジタルマーケティングの先駆者」に変えることに成功した戦略的なアプローチをご紹介する。

Moz(旧SEOmoz) 2013/01/28 9:00 (28)(37)

ペンギン・アップデート以降のSEOの世界において、リンクビルディングはいかに行うべきなのか。その戦略から、いまだその重要性が薄れない「リンク調達」まで、具体的なノウハウを解説する。

Moz(旧SEOmoz) 2015/10/05 7:00 (39)

この記事では、サイト内検索データを具体的にどう使って、意味を持つ行動へとつなげていくかのケーススタディを2件、紹介する。データはアクションにつなげてこそのものだ。その事例を参考にしてほしい。

はじめてWEBニュース 2016/01/06 7:00 (183)(57)(25)

離脱しそうなユーザーを引き留めたり、最適な情報を提示したりするツール

データフィード統合管理サービス「DF PLUS」を提供する株式会社フィードフォースは、”もっと楽に自由に、誰もが簡単に商品を流通できる世界” をめざし、ECプラットフォームや、サイト内検索ソリューション、レコメンドサービスなどの商品データを保有・活用するサービスを提供する企業とのパートナーシップ制度である、”データフィード・アライアンス・プログラム”を開始いたします。
[転載元] WordPressテーマの選び方 購入後に悔しない8つのポイント WordPressのテーマは、無料/有料、海外/国産の4つに分類ができます。それぞれ特徴があります。 無料テーマ 海外:公式テーマディレクトリから入手。審査を通過しているので安全。...
2017年4月26日、株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)が提供するソーシャルログイン導入実績No.1サービス「ソーシャルPLUS」は、株式会社フラクタ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:河野 貴伸、以下フラクタ)...
株式会社24-7(トゥエンティフォーセブン/本社:東京都中央区、代表取締役CEO:田村慶)は、2017年10月18日(水)、企業向けの動画マーケティングプラットフォームを提供する3社「Vidyard」、「TwentyThree」、「Wistia」とのパートナー契約を締結し、...
匿名 2016/02/25 11:04
コールトゥアクションとは、簡単に言えば「行動喚起」という意味である。主にWEBマーケティングの世界では、WEBサイトやオンライン広告、Eメール、ソーシャルメディア広告等でのお問い合わせボタンや資料請求ボタンの事を意味します。
【転換率160%増!】世界最大のオープンソース「Magento」をベースに、レスポンシブECの最新事情と「買いたい!」と思わせるECサイトを「格安」で構築するノウハウを学ぶセミナー
株式会社フィードフォースは、企業が保有する自社の商材データを多様な配信先に最適な形で変換・配信を行うサービス「DF PLUS」の新機能として、株式会社フラクタが提供するブランド向けEC&CMSサービス「FRACTA NODE」との商品データ連携機能を追加いたしました。本機能により、「FRACTA NODE」利用企業は、「FRACTA NODE」上に登録している商品データを「DF PLUS」によるデータフィード配信に利用することが可能になり、ダイナミック広告出稿・効果改善を効果的に行うことができます。
フィードフォースは、2017年9月14日(木)16:00~無料セミナー『ソーシャルログインとLINE連携でユーザー体験を向上!FRACTA NODEとソーシャルPLUSで実現する、” 選ばれるECサイト ” になるためのブランドリフト手法』を開催します。 ▼...
skan 2015/08/20 8:14
ファーストビューといえば、コピーやCTAを設置することでユーザーに対してダイレクトに訴求したいものを表示させる要素として長らく最も重要とされていました。 しかし昨今、ウィンドウサイズが大きくなっていることやレスポンシブウェブデザインやシングルページの広がりなどにより、...
セミナー概要 【このような方にオススメです】  ・ECサイト、求人サイト、旅行・宿泊サイト、不動産サイトを運営するご担当者様  ・商戦期に向けて、費用対効果の高い手法をお探しの方  ・最新の成功事例や、今すぐ使えるノウハウを知りたい方 新規顧客獲得・...
skan 2015/09/29 9:03
いざABテストツールを導入してもどのようなテストを行って良いか悩んでしまう人は多いのではないでしょうか。 今回は、成果の出やすい施策について、ECサイトでのABテスト事例を見ていきたいと思います。 #1 カテゴリーページの見せ方を変える まずはカテゴリーページです。...
skan 2014/10/02 14:18 (21)
2つのLP改善ポイントについて 【1】CTA(Call to Action) 【2】ソーシャルプルーフ
skan 2015/01/14 10:13
訪問者が離脱しようとする時に表れるポップアップのことをExit Popupと言います。 ランディング数秒後であったり、ブラウザの閉じるボタンを押した時に表れるパターンなどがあります。 このExit Popupをタイミング良く表示させることによって、コンバージョンを増やすことや離脱率を下げることが可能です。 このような事例は海外のサイトで見られ、非常に効果をあげていると言われています。
skan 2015/06/02 8:45
Susty Party というテーブルウェアを販売する会社がありました。 ‘respect the earth and party on’というような考えのもと、商品に魅力のあるものが多いブランドです。 このため、多くのトラフィックがECサイトで、獲得できていました。 一方で、...
skan 2014/10/23 9:41
#1 CTAの文言を具体化させて4倍のCVを獲得 #2 CTA文言を「購読する」→「受信する」に変更して242.8%改善 #3 季節感を出したバナーでCVR140%アップ #4 フォームの項目を「徐々にハードルを高くする」ように変えてCVRが120%に #5 「無料」を追加して、CTR20%の改善 #6 「商品の詳細を見る」ボタン追加で、CTR 8.58% 向上 #7 Facebook投稿からのA/Bテストで成果 #8 スマホ商品一覧ページのカラム数変更してCVR146.1%改善

企業向けソーシャルサイト構築サービス「newsing2B」によるソーシャルブックマークが登場

マイネット・ジャパンは1月19日、同社が開発・運営するソーシャルニュースサイト「newsing」のソーシャルサイトエンジン(newsingエンジン)をOEM提供するサービス「>newsing2B」を、ファクタ出版と提携して初めて導入したことを発表した。

エフ・コードは、同社が提供するデジタルマーケティングツール「f-tra(エフトラ)」に、ブラウザのプッシュ通知における過度なポップアップ表示を抑制する「許諾の再表示選択」機能と「クローズボックス選択」機能を7月27日に追加した。

SNSの「Facebook」を提供するFacebookは、「Facebookページ」上の消費者とビジネスが直接つながりやすくするためのコールトゥアクション(CTA)ボタンの機能を強化し、数タップ

ページ

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

VOC
「顧客の声(Voice of Customer)」の意味。 SNSなどのC ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]