国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。
海外&国内SEO情報ウォッチ

meta keywordsをどう扱うべきかの結論 など10記事(海外&国内SEO情報)

もろもろ多様な論が出たmeta keywordsに、ではどう対処すべきかの結論

ページ

日本語で読めるSEO/SEM情報

  • meta keywordsタグの結論
    (ツィッター)

    この「海外&国内SEO情報」のコーナーでも、各検索エンジンがmeta keywordsタグをどのように処理するかについての情報を紹介してきた。「ではどうするべきなのか」に関する1つの結論を、Web担でもおなじみの渡辺 隆広氏がTwitterでつぶやいている。

    サイト内検索など含めたサイトの検索性担保の観点と、SEMのオートメーション化の観点から、METAキーワードは入れておいた方がいいわけで。ランキングだけが判断基準ではない。

    meta keywordsタグは、検索エンジンがランキング指標に利用しようがしまいが、入れておくのが良いとのこと。もちろん、コンテンツに関係のないキーワードや、キーワードの詰め込みはSEOスパムなのでご法度である。

  • SEOを意識したサイトデザイン
    SEOを意識したサイトデザイン
    (SEO初心者のEvoブログ)

    SEO初心者のEvoブログが、SEOを考慮したサイトデザインを解説した。基本となるレイアウトを例に出し、個々の要素の適切な使い方をわかりやすく説明している。

    パンくずリストでどのようなアンカーテキストを使うのが良いか、コンテンツエリアで見出しをどう使ってどれくらいのコンテンツを置くべきかなど、細かい点で参考になる解説が含まれている。

  • ヤフーは、35文字以上のtitleタグはインデックスすらしない?
    (YahooのSEO対策で検索エンジン上位表示調査)

    ヤフーは、titleタグの記述を検索結果のページタイトルとして利用する場合、全角でだいだい34文字までしか表示しない。それ以降は「...」で省略される。しかし、表示しないだけであってインデックスはしているものと思われる。

    ところがこの記事では、自身の体験から35文字以降は検索の対象になっていないようだと述べている。

    筆者がtitleタグの省略されたフレーズで、いくつか調べたところ、検索結果に出てくるものもあれば、出てこないものもあり、はっきりと結論付けられなかった。なお、グーグルは省略される部分もインデックスされ、検索の対象になる。

  • 【グーグル公式】モバイルサイトとPCサイトの正しい振り分け方
    (Googleウェブマスター向け公式ブログ)

    グーグルが先週に続いて、モバイルサイトに関する極めて重要な情報を公開してくれた。モバイルサイトとPCサイトの両方を運営している場合の、正しいリダイレクト方法と、ユーザーエージェントによる振り分け方法だ。やや高度な内容かもしれないが、モバイルサイトのWeb担当者は確実に理解しておこう。

  • Bingアップデートか?
    (インフォキュービックSEOブログ)

    参考になるヤフーのSEO情報を公開しているインフォキュービックSEOブログが、珍しくBingに関するエントリをアップした。今月の下旬に、Bingの検索順位に大きな変動が確認されており、これについて分析した記事である。

次のページへ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]