コメント投稿

電通デジタルとAnyMind Groupが共同で企業のEC事業を統合支援するサービスを開始

物流領域の運用とインフルエンサーマーケティングなどSNS施策を強化、業務を効率化
よろしければこちらもご覧ください

電通グループでデジタルマーケティング事業の電通デジタルと、D2C(ダイレクトツーコンシューマ)事業のAnyMind Group(エニーマインドグループ)は共同で、企業のEC事業を統合支援するサービスを8月3日に始めた、と同日発表した。物流領域の運用とインフルエンサーマーケティングなどSNS施策を強化し、業務効率化と同時に事業成果の創出につなげる。

新規にECに参入する企業は迅速に事業が始められ、EC事業を運営している企業は、インフルエンサーマーケティング施策の可視化や改善を通して事業の一層の成長につなげられる。EC事業統合支援サービスは①コマース領域全般のコンサルティング②物流領域のプラットフォーム一元管理③インフルエンサーマーケティングなどSNS施策の支援--を柱にする。

①は、電通デジタルが全体戦略、CX(カスタマーエクスペリエンス)=顧客体験戦略、販促戦略、ブランドマーケティングをはじめコマース分野のコンサルティングを実施。②は、AnyMindの物流管理プラットフォーム「AnyLogi」を活用して物流領域の業務を支援し、③は、AnyMindのインフルエンサーマーケティングプラットフォーム「AnyTag」を利用する。

よろしければこちらもご覧ください
150
150
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]