コメント投稿

Make Beauty & Skin Beauty Cosmetics を取り巻くD2C市場環境 【eコマースコラム】

Make Beauty & Skin Beauty Cosmeticsで顧客に認められるには、顧客インサイトの理解やCX活用が不可欠です。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2021年、D2Cブームが盛り上がっていますが、従来のEコマース・D2C事業にとってもとても重要なテーマ・カテゴリーでもある、Make Beauty & Skin Beauty Cosmetics(メイク&スキンケア ビューティコスメティックス:従来では化粧品)を取り巻く市場環境は、2020年のコロナウィルスの影響で大きく変化しています。今後Make Beauty & Skin Beauty Cosmeticsで顧客に認められるには、顧客インサイトの理解やCX活用が不可欠です。Make Beauty & Skin Beauty CosmeticsでのD2C/EC/通販について考察していきます。

2020年と2021年のMake Beauty & Skin Beauty Cosmeticsトレンド

2020年のトレンドとしては、D2C/EC/通販のチャネルで新規ブランドを展開し、スピーディーに品質の良いMake Beauty & Skin Beauty Cosmeticsを企画・開発・製造(OEM)・マーケティングしての顧客の共感を得て、1年で10億円などの収益を上げた事業者も少なくありません。

次には、男性用Make Beauty & Skin Beauty Cosmetics市場の拡大です。現時点では女性向けの商品・ブランドが多いものの、男性Make Beauty & Skin Beauty Cosmetics市場は続伸しており、今後も成長が期待される分野です。男性Make Beauty & Skin Beauty Cosmeticsの顧客層となる20代から30代の男性は、D2C/EC/通販のチャネルでMake Beauty & Skin Beauty Cosmeticsを購入することが多くなっています。

3点目は、D2C/EC/通販のチャネルの拡大です。2020年から外出自粛や外国人客の減少が影響し、実店舗での売り上げは減少傾向にあります。一方、相対的にD2C/EC/通販のチャネルでは販売量が増加しています。

また、日本だけでなく海外市場(越境ECや、海外進出)で成功している事例も増えています。

D2C/EC/通販のビジネスのアウトラインについて

D2C/EC/通販を成功させるポイント

続きはこちらにて https://bit.ly/2TPYGFK

コンテンツ監修お手伝いしています。

コンテンツのリクエストお待ちしています。

よろしければこちらもご覧ください
330
330
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アウトバウンドリンク
関連語 の「インバウンドリンク」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル