Twitterが今話題の「Twitterトレンド」にトレンド入りした背景情報を加えて表示へ

日本では9月中旬から、説明とトレンドを端的に表現する典型的ツイートを合わせて表示

米国Twitterは、今どんなことが話題になっているのかを表す「Twitterトレンド」で、なぜその話題がトレンド入りをしているかがわかるように、固定ツイートと補足をトレンドに背景情報として付記する、と日本語で9月2日に発表した。日本では9月中旬から予定。

 

特定のトレンドについて、そのトレンドを端的に表現する典型的ツイートを合わせて表示する。トレンドを代表するツイートかどうかは、アルゴリズムと目視を組み合わせ判断する。攻撃的なツイートやスパム、システム濫用アカウントのツイートは表示しない。

 

トレンドになっている単語やフレーズの傾向を見て、「これがなぜ話題になっているのか?」と同社も思うことがあるという。こうした問いが昨年は50万回以上もツイートされており、何が語られているのかをすぐに理解しやすい形にするのが望ましいと判断した。

 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]