Twitterが自分のツイートに返信できるアカウントを制限できる機能のテスト開始

返信できるのは①全員②フォローしている人だけ③指定した人だけ--を選択可能に
よろしければこちらもご覧ください

Twitter Japanは、自分のツイートに誰が返信でき、誰が会話に参加できるのかを選べる機能のテストを始めた、と5月21日に発表した。①全員が返信(デフォルト設定)②フォローしている人だけが返信③指定した人だけが返信--をツイート前に選択できる。テストは少人数の利用者のグループを招待して行っている。



テストしている新機能で返信が制限されるツイートにラベルが付く。返信アイコンはグレーアウトされ、返信できないことが分かるようになっている。返信できない人でも、ツイートを見る▽リツイートする▽コメント付きリツイートすることは、可能になっている。

Twitterは自分のツイートへの見たくない返信で、健全な会話が難しくなる場合がある。このため自分が始めた会話を管理しやすくしつつ、より多くの人々に会話に参加する機会も提供して有益で公共的な会話の鍵にするため、ツイートへの返信を非表示にする機能を追加するなど改善を模索している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス