Twitterが限定したフォロワーとだけツイートを共有する機能「Twitterサークル」を導入

他の目を気にすることなく自由な表現が可能、ツイートごとに共有相手や会話参加者を選択

Twitterは、限定したフォロワーとだけツイートを共有する機能「Twitterサークル」を導入した、と5月4日発表した。「Twitter」の「iOS」版、「Android」版とウェブ版の一部ユーザーに同日提供を始めた。特定のメンバーとのみやり取りできる機能で、他人の目を気にすることなく自由な表現が可能。今後どのように機能するか検証し、一般公開に向けて改善点を見付ける。

Twitterサークルは、ツイートごとにコンテンツを共有する相手や会話の参加者を自由に選べる機能。少人数で親密な会話を楽しんで身近な関係が構築できるようになるという。Twitterではさまざまなツイートが見られる一方、ツイートは全ての人を対象にしていないことから、いつ、どのように、誰と会話するかカスタマイズするパーソナライズ可能なツールを開発した。

「Twitter サークル」利用イメージ
「Twitter サークル」利用イメージ

ツイートする時に、共有する相手をサークル内だけか、フォロワー全体か、が選択できる。サークルのメンバーは1つのサークルで150人まで追加が可能。メンバーのリストはいつでも編集でき、加えた変更はメンバーには通知されない。サークル向けのツイートには、ツイートの下に緑色のバッジが表示される。このバッジが付いたツイートはリツイートやシェアができない。

「Twitter サークル」利用イメージ
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]