「Twitter」で共通の興味・関心を持つ人が集まる「コミュニティ」のテストを英語圏で開始

特定のグループに直接ツイート、返信や会話が可能なのは同じコミュニティーのメンバーだけ
よろしければこちらもご覧ください

米国Twitterの日本法人、Twitter Japanは、「Twitter」で共通の興味・関心を持つ人が集まって会話する機能「コミュニティ」のテストを英語圏で9月8日に始めた、と同日発表した。コミュニティは。自分と同じことを話したいと思っている人を簡単に見つけてつながることができる。今後利用者からのフィードバックを基に改良を重ねる。

コミュニティに参加すると、フォロワーにではなく、特定のグループに対して直接ツイートできる。返信や会話が可能なのは同じコミュニティーのメンバーだけとなり、親密で関連性の高い会話を実現する。コミュニティのページやタイムラインは公開され、誰もがコミュニティのツイートを読んだり引用ツイートしたり、報告したりできる。

コミュニティではモデレーター(司会者)が話すテーマを決めてコミュニティのルールを定め、会話を盛り上げてくれそうな人を招待。会話がテーマからずれないように、別にモデレータ役を務める人を招待することも可能。現在は一部の人しかコミュニティを作成できないが、数カ月内に誰もが自分の関心について話す場を作れるようにする。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]