アップル・Google・MSがFIDOの新パスワードレス認証導入。スマホでPCサインイン

Apple、Google、Microsoftは、FIDOの新パスワードレス認証を導入すると発表した。

Apple、Google、Microsoftは4日、FIDOアライアンスとW3C(World Wide Web Consortium)が策定した共通のパスワードレス認証のサポートを拡大する計画を発表した。この新機能により、ウェブサイトやアプリで、デバイスやプラットフォームを問わず一貫して、安全で容易なパスワードレス認証を提供可能にする。

FIDOアライアンスは、指紋・顔認証を利用した生体認証によるログインなど、パスワードレスの認証の仕組みを構築。便利で安全なサインイン(認証)技術に取り組んできた。今回、Apple、Google、Microsoftが新たな機能拡張にむけて協力していくことを決めた。

機能拡張は主に2つ。

1つは、すべてのデバイスでアカウントにFIDO認証を再登録することなく、ユーザーが所有する他のデバイスや新しいデバイスで、「FIDO認証資格情報(FIDOクレデンシャル)」に自動的にアクセス可能とし、シームレスにパスワードレス認証を使えるようにする。

もう1つは、OSプラットフォームやブラウザに関係なく、近くにあるモバイルデバイスでFIDO認証を使い、(PCなどの)デバイスのアプリやウェブサイトにサインインできるようにすること。

これらの新機能は、Apple、Google、Microsoftの各プラットフォームで、2023年にかけて利用可能になる予定。

本記事は、Impress Watchの「アップル・Google・MSがFIDOの新パスワードレス認証導入。スマホでPCサインイン」(2022/05/06)の転載記事です。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]