コメント投稿

LIDDELLがステルスマーケティングの防止を目的に広告表記に関するポリシーを改訂

広告に「パートナー」の表記追加、サービスプロダクトのパートナーだと明確に表示
よろしければこちらもご覧ください

マーケティング支援事業のLIDDELL(リデル)は、ステルスマーケティング(ステマ)=広告・宣伝と分からないように行う広告・宣伝活動=の防止を目的に、広告表記に関するステルスマーケティングポリシーを改訂した、と6月25日発表した。広告に「パートナー」の表記を追加し、サービスプロダクトのパートナーだと明確に示して展開する。

LIDDELLは、企業のマーケティングやコミュニケーションを支援するうえで最も重要なことは、関係性の明示による情報の透明性の担保と考え、ステルスマーケティングポリシーを策定。情報の発信者と受信者の信頼関係、情報の公正さ、信頼性の維持を図っている。今回、新たにパートナーを加えることで情報の透明性を一層高めることにした。

広告表記としては、独自性の高い表現を含めて「#PR #AD #タイアップ #提供 #協賛 #Promotion #プロモーション #Sponsored #スポンサード #Supported #サポーテッド #Ambassador #(企業/ブランド名)_Partner #(企業/ブランド名)_パートナー」を採用する。LIDDELLは、2017年からステマ撲滅に向けたさまざまな啓発活動を実施している。

ステルスマーケティングポリシー
よろしければこちらもご覧ください
140
140
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル