コメント投稿

Sprocketが「Adobe Analytics」と「Google Analytics」との連携サービスを正式に提供

接客データをセグメントやフィルタとして、アクセス解析ツールで詳細な分析が可能に
よろしければこちらもご覧ください

Web接客プラットフォーム開発・販売のSprocket(スプロケット)は、同プラットフォーム「Sprocket」とアクセス解析ツールの「Adobe Analytics」と「Google Analytics」との連携機能の提供を正式サービスとして始めた、と3月30日に発表した。Sprocketのシナリオ実施データをセグメントやフィルタとして活用することで、いつも使っているアクセス解析ツールでユーザーのサイト内行動の詳細分析が可能になる。

 

Sprocketは、ユーザーのオンライン行動データを活用することで、シナリオに基づく最適なタイミングで接客ポップアップなどを表示している。今回、解析ツールと連携することで、例えば新作告知シナリオが配信されたユーザーが購買した商品を分析したり、ECサイトで新商品案内のシナリオ経由で対象商品ページを閲覧したユーザーが購入する商品の傾向を分析したりできる。

連携するのは、Sprocketが持つ①施策単位の「シナリオID」②施策検証の「フェーズID」③ABテストの「パターンID」④ポップアップ単位の「ステップID」⑤クリックされた「ボタン情報」の5つ。接客シナリオ進行時やポップアップしたボタンをクリックした際に、その情報をイベントとして解析ツールへ送信する。「反応があったユーザーと、なかったユーザーでページ滞在時間や購買単価を比較する」などの詳細な分析ができる。

よろしければこちらもご覧ください
320
320
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]