Sprocketがあらゆる顧客データを取り込める「データ連携(バッチ取り込み)」機能を提供

オンライン・オフラインを問わずデータを連携してSprocketの接客シナリオに活用可能に
よろしければこちらもご覧ください

Web接客プラットフォーム開発・販売のSprocket(スプロケット)は、同プラットフォーム「Sprocket」で、オンラインかオフラインかを問わず、あらゆる顧客データを取り込める「データ連携(バッチ取り込み)」機能を7月27日から提供を始めた、と同日発表した。実店舗や紙のカタログを経由した購買情報などのオフラインデータもデータ連係で取り込むことで、Sprocketの接客シナリオに活用することができる。

 

Sprocketは、ユーザーのオンライン行動データを活用して、シナリオに基づく最適なタイミングで接客ポップアップなどを表示している。データ連携(バッチ取り込み)機能は、あらかじめ登録した一連の処理を自動的に実行する「バッチ処理」によってSprocketにデータを取り込む機能で、これまでSprocketに連携するデータは、ECサイトの会員情報として登録されている情報か、Webサイト上に出力されているデータである必要があった。

新機能は、CSV形式で書き出せるデータであれば、オンライン・オフラインのチャネルを問わずあらゆる顧客データを接客シナリオに活用できる。例えば、特定店舗の利用実績があるユーザーにその店舗の新着ニュースをWebサイトで表示したり、クーポン贈呈のメールを見ていないユーザーに「現在クーポンを持っている」とWebサイトで案内したりするなどで、チャネルを横断して顧客に応じた1to1コミュニケーションが実現できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]