Sprocketがカスタマーデータプラットォーム「Arm Treasure Data CDP」との連携開始

顧客のセグメント情報をリアルタイムで連携、最適なおもてなし体験をWebサイトで実現
よろしければこちらもご覧ください

Web接客プラットフォーム開発のSprocketは、同社のおもてなしデザインプラットフォーム「Sprocket(スプロケット)」と、英国Armの日本法人、トレジャーデータのカスタマーデータプラットフォーム「Arm Treasure Data CDP」との連携を7月28日から始めた、と同日発表した。最適なおもてなし体験をWebサイトで提供できるようになる。

 

Arm Treasure Data CDPの顧客データを基に、戦略に基づいてマーケターがセグメントを生成。そのセグメント情報を「Profile API」を用いてSprocketにリアルタイムで連携する。これにより、Web訪問ユーザーごとに異なるロイヤルティ(信頼・忠誠心)やカスタマージャーニー(顧客が購入に至る過程)に応じた接客をWebサイト上で行える。

Arm Treasure Data CDPは、さまざまなシステムと連携するデータプラットフォームで、多種多様なマーケティングデータを即時に収集、分析して外部システムと連携できる。Arm Treasure Data CDPがチャネルを横断して収集した顧客データをSprocketで活用できるようになり、エンドユーザーへの良質な体験提供がさらに向上する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]