チーターデジタルとSprocketが協業、ニーズに対応した顧客体験を提供する仕組みを構築

マーケプラットフォーム「Customer Engagement Suite」とウェブ接客「Sprocket」を連携
よろしければこちらもご覧ください

顧客エンゲージメント(関係・信頼性)ソリューション事業の米国チーターデジタルの日本法人、チーターデジタルと、ウェブ接客プラットフォーム開発のSprocketは、協業することで合意した、と5月26日発表した。両社のプラットフォームをデータ連携することで、消費者ニーズに対応した顧客体験を提供する仕組みを構築する。

チーターデジタルのマーケティングプラットフォーム「Cheetah Digital Customer Engagement Suite」と、Sprocketのウェブ接客プラットフォーム「Sprocket(スプロケット)」を連携。ウェブ行動・接客データを使ったパーソナライゼーションや、ロイヤルティ(信頼・忠誠心)マーケティングの高度化サービスを共同で展開する。



パーソナライゼーションはSprocketで収集・分析したウェブ行動とウェブ接客への反応データをCustomer Engagement Suiteと連携し、訪問後のパーソナライゼーションをマーケティングオートメーションで高度化する。ロイヤルティマーケティングでは、顧客の忠誠度に応じて複数のチャネルで継ぎ目のない顧客体験を提供する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]