マーケティングプラットフォーム「Customer Engagement Suite」の利便性と安全性を向上

チーターデジタル、Oktaのアイデンティティ管理・認証基盤「Okta Identity Cloud」活用

顧客エンゲージメント(関係・信頼性)ソリューション事業の米国チーターデジタルの日本法人、チーターデジタルは、同社のマーケティングプラットフォーム「Customer Engagement Suite」の利便性と安全性を高める、と2月15日発表した。アイデンティティ管理サービス事業の米国Oktaの日本法人、Okta Japanの同管理・認証基盤プラットフォーム「Okta Identity Cloud」を使う。

Customer Engagement Suiteは、ゼロパーティデータの獲得、次世代のロイヤルティマーケティング、単一の顧客ビューを実現するソリューション。Okta Identity Cloudを活用することで今回、既にOktaサービスと契約していたり、シングルサインオン(SSO)を利用していたりするユーザーに対し、既存の認証方式を維持したまま、Customer Engagement Suiteへの連携を可能にした。

自社のIdP(Identity Provider)ソリューションを持つ企業は、SSOに必要なユーザーの認証情報が継ぎ目なく連携され、SSOダッシュボードでCustomer Engagement Suiteに簡単で安全にログインが可能になる。複数アカウントや認証ポリシーの管理の手間なくスムーズに使える。IdPソリューションを持っていない場合は、OktaのIdPソリューションによって安全性と利便性が確保できる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]