「LINE公式アカウント」の「ステップ配信」で新たに「オーディエンス」の設定が可能に

開始条件や条件分岐として設定、「友だち」の特性ごとに最適なコミュニケーション実現

LINEは、同社が展開する企業・店舗向けLINEアカウント「LINE公式アカウント」の「ステップ配信」で、2月9日に新たに「オーディエンス」を開始条件や条件分岐として設定できるようにした、と2月14日発表した。企業・店舗の運用負荷を増やすことなく、「友だち」の特性ごとに最適なコミュニケーションを実現する。

LINE公式アカウントは、企業や店舗が友だちのユーザーにメッセージが配信できるサービス。ステップ配信は、事前に指定した条件でメッセージを自動配信する機能。友だち追加を開始条件にし、経過日数や友だち追加した経路別に配信可能。性別、年代、地域、OSなどみなし属性を指定した配信条件の分岐設定もできる。

今回、ステップ配信の開始条件、条件分岐にオーディエンスを設定可能にした。オーディエンスの設定に該当する友だちをステップ配信の開始条件・条件分岐に設定することで、過去に配信したメッセージの開封・クリック状況や、自社ウェブサイトへの訪問傾向に合わせて友だちごとに異なるメッセージが自動配信できる。

設定できるオーディエンスは、ユーザーIDアップロード▽クリックリターゲティング▽インプレッションリターゲティング▽チャットタグオーディエンス▽追加経路オーディエンス▽ウェブトラフィックオーディエンス。オーディエンスの作成は[データ管理]から行う。LINEはステップ配信の開始条件・条件分岐を拡充する。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UGC
同義語 の「CGM」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]