米国YextがWHOと連携して新型コロナウイルス感染症の公式オンライン情報ハブを構築

自社サイト内検索製品「Yext Answers」活用、質問を入力するとWHOの公式回答を表示
よろしければこちらもご覧ください

情報発信・管理プラットフォーム事業の米国Yext(イエクスト)は、世界保健機関(WHO)と提携し、新型コロナウイルス感染症(COVID-1)の公式オンライン情報ハブを構築した、と5月22日(現地時間)に発表した。WHOはYextとの協業で新型コロナウイルス感染症についての正確な情報に迅速にアクセスできるようにした。

Yextが展開する自社サイト内検索製品「Yext Answers」でウェブサイトを構築。検索バーに新型コロナウイルス感染症に関する質問を入力すると自然言語処理を活用して質問を理解し、WHOのリソースから直接入手した公式の回答を表示する。Yextは組織や企業向けにYext Answers(英語版)を90日間無料提供している。



よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]