コメント投稿

「Yahoo!メール Academic Edition」から「Office 365 Education」の移行を推進

ヤフーと日本マイクロソフト、Yahoo!メール Academic Editionの終了で移行支援
よろしければこちらもご覧ください

ヤフーと日本マイクロソフトは、ヤフーが運営する教育機関向けウェブメールサービス「Yahoo!メール Academic Edition」利用中の顧客を対象に、日本マイクロソフトの教育機関向け統合型情報共有クラウドサービス「Office 365 Education」への移行を連携して推進する、と9月24日発表した。Yahoo!メール Academic Editionは2016年6月にサービスを終了する予定で、両社は新たな環境への移行を支援する。移行に際し、日本マイクロソフトは初期のテナントセットアップサービスを無償で提供する。

Office 365 Educationは教職員、児童・生徒・学生用の電子メール、ウェブ会議、ドキュメント編集、オンラインストレージなどのグループウェア機能をクラウド経由で提供。教育機関は、企業向けの「Office 365 Enterprise」と同じサービスが無償で使用できる。2012年6月から教育機関に展開し、2015年2月時点で220万人以上のユーザーが利用している。ヤフーは、Yahoo!メール Academic Editionの終了後も安心してメールサービスを使用できるようにOffice 365 Educationへの移行推奨を決めた。

ヤフー
http://www.yahoo.co.jp/

日本マイクロソフト
http://www.microsoft.com/ja-jp/

よろしければこちらもご覧ください
7212
7212
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル