マイクロソフトがソフトの機能をオンラインで提供するサービスの提供を開始

メールや予定表、情報共有など4つのサービスを試用できる30日間無料トライアルも
よろしければこちらもご覧ください

マイクロソフトは、企業向けソフトの機能をマイクロソフトの運用するデータセンターからネットワーク経由で提供する「Microsoft Online Services」の第1弾として「Microsoft Exchange Online」「Microsoft SharePoint Online」などを含む「Microsoft Business Productivity Online Suite(BPOS)」の正式サービスを開始した、と4月27日に発表した。同時に、同サービスの30日間無料トライアルも実施する。

BPOSは、マイクロソフトがエンタープライズサーバー製品で開発してきたメールや予定表、情報共有などの機能をオンラインで提供するMicrosoft Online Servicesで利用できる4つのサービスを包含。電子メール、予定共有、施設予約などの機能を持つ「Microsoft Exchange Online」、ファイル共有やポータル、掲示板、情報共有サイトなどの機能を提供する「Microsoft SharePoint Online」、インスタントメッセージや在庫情報などの「Microsoft Communications Online」、Web会議やアプリケーション共有機能などの「Microsoft Office Live Meeting」が利用できる。購入は5ライセンスから可能で、契約期間も自由。

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

Microsoft Online Services
http://www.microsoft.com/japan/online/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]