トラフィック誘導 とは 意味/解説/説明 (トラフィックユウドウ) 【traffic sourcing】

読み方

トラフィックユウドウ

略語/フルスペル/訳語

traffic sourcing

「トラフィック誘導(traffic sourcing、トラフィックソーシング)」「ソーストラフィック(sourced traffic)」は、メディアが本来の数以上の訪問者を獲得するために、第三者パートナー(サイトや誘導チャネル)を利用する手法のこと。

主に、メディア(広告掲載側)が、広告主から求められるインプレッション数を満たせないときに、第三者パートナーにお金を払ってトラフィックを獲得し、必要はインプレッション数を確保しようとするような行為を指す。

こうしたトラフィック誘導パートナーのなかには、ボットを使ってインプレッションを発生させようとするものもある。こうした不誠実なパートナーが誘導元に含まれている場合、結果として広告のインプレッションやクリックにボットが含まれることになり、広告主が支払った広告費が無意味なボットによって消化されてしまうということにつながる可能性がある。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索オプション
より目的の検索結果となるように検索条件を絞り込める検索のこと。サイト内検索を提供 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]