トラフィックソーシング とは 意味/解説/説明

同義語 の「トラフィック誘導」を参照

この記事が役に立ったらシェア!

用語「トラフィックソーシング」が使われている記事の一覧

全 1 記事中 1 ~ 1 を表示中

トラフィック誘導

「トラフィック誘導(traffic sourcing、トラフィックソーシング)」「ソーストラフィック(sourced traffic)」は、メディアが本来の数以上の訪問者を獲得するために、第三者パートナー(サイトや誘導チャネル)を利用する手法のこと。

主に、メディア(広告掲載側)が、広告主から求められるインプレッション数を満たせないときに、第三者パートナーにお金を払ってトラフィックを獲得し、必要はインプレッション数を確保しようとするような行為を指す。

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]