コメント投稿

ラック、未知の悪質プログラムを検知する「マルウェア対策製品監視・運用サービス」開始

監視サービス「JSOCマネージド・セキュリティ・サービス」に追加、攻撃への対策を強化
よろしければこちらもご覧ください

セキュリティソリューションのラックは、同社のセキュリティ監視センター「JSOC」での監視サービス「JSOCマネージド・セキュリティ・サービス(MSS)」に、未知の悪質プログラム(マルウェア)を検知する「マルウェア対策製品監視・運用サービス」を加えた、と3月6日発表した。同日販売を始め、4月1日に始める。既存のセキュリティ製品や更新プログラムの適用で防ぎきれない未知の脅威に対応し、悪質で巧妙化するサイバー攻撃への対策を強化する。

マルウェア対策製品監視・運用サービスは、通信の宛先を確認するファイアウォール、通信の中身を確認して攻撃を遮断する侵入検知・防止システムの各監視・運用サービスに追加した。セキュリティツールの米ファイア・アイが提供する未知のマルウェアや不正通信検知に効果がある製品を使う。検知した脅威情報アラートを専門知識を持つJSOCのエンジニアが24時間体制で監視・分析し、緊急性が高い場合は15分以内に電話連絡して対策を支援する。

ラック
http://www.lac.co.jp/

ファイア・アイ
http://www.fireeye.com/jp/ja/

よろしければこちらもご覧ください
12164
12164
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル