博報堂、社内組織が海外の低所得層マーケティング支援プログラム「HAKUHODO DIVE」提供

オリジナル店舗「TECH KIOSK」で販売体験調査実施、インドネシア・バリ島に旗艦店開設

博報堂は、社内の専門組織「博報堂ダイバーシティデザイン」が海外の低所得層(BOP層)の生活を独自の手法で調べ、その結果を基にマーケティング活動をサポートするプログラム「HAKUHODO DIVE」の提供を始める、と3月5日発表した。インドネシア、ベトナム、インド、ミャンマーなどで生活実態や価値観を探るとともに販売体験調査を行う。販売体験調査はオリジナル店舗「TECH KIOSK」で実施し、インドネシア・バリ島に旗艦店を開設した。今後各国で調査し、低所得層への理解を効果的なマーケティング活動に反映させる。

低所得層は世界人口の約72%にあたる約40億人とされ、ビジネス規模は約5兆ドル(約500兆円)ともいわれる。低所得層向けマーケティングは、生活改善を目的にした社会的意義と同時に、企業の海外ビジネス拡大で重要になるため、近年注目されている。その一方、調査が少なく日常が把握しにくいという課題があり、マーケティング支援が求められていた。インドネシアのTECH KIOSKでの販売体験調査を含め、プログラムの調査部分を4泊5日で体験するツアーをクライアント企業向けに用意する。9月に第1回を予定している。

博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]