ラックとアカマイがWebサイトのサイバー攻撃対策で連携、マネージドセキュリティサービスを提供

アカマイのWebセキュリティソリューションとラックのセキュリティ監視センターを統合
岩佐 義人(Web担 編集部) 2017/1/27 13:30

情報セキュリティのラックは、クラウドプラットフォームのアカマイ・テクノロジーズと連携し、日本企業では初めてアカマイのWebセキュリティソリューションと自社のセキュリティ監視センター(JSOC)を統合したマネージドセキュリティサービス(MSS)を提供する、と1月26日発表した。JSOCは分散型サービス妨害(DDoS)、Webアプリケーション攻撃に対する監視、分析、運用支援を通じて、企業のセキュリティインシデント対応をサポートする。

MSSサービスは、アカマイが認定したJSOCのエンジニアによって提供。ラックのネットワーク監視サービスに追加する。ラックは、アカマイから認証を受ける日本初の企業となる。ラックは、JSOCによるMSSサービスの提供だけでなく、サイバー救急センターやセキュリティ診断、セキュリティ人材育成といった多方面での連携を強化し、官公庁・企業・団体等のセキュリティ対策を強力に支援していく。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

CPM
本来は、「広告が1000回表示されるごとに何円の費用がかかるか(かかったか)」を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]