アフィリエイト入門 PVもSEOも弱くても商品を売る方法

アフィリエイト初心者の方へ、PVもSEOも弱くても商品を売る方法をお伝えします。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

(転載元ソース : アフィリエイト入門 PVもSEOも弱くても商品を売る方法)

こんにちわ。

今日は、アフィリエイトの話をしようと思います。

私は、ブログとアフィリエイトはマーケティングを学ぶのには最高の教材だと思っています。

お金をかけず、ほとんど無料で、

ブログというラボを使ってマーケティングという実験を何度でも繰り返すことが出来ます。

Webの世界は広大ですから、もし能力を磨いていけば自分の力でどんなものでも売れるようになる。

これは素晴らしいことだと思いませんか?

でも、そうは言ってもマーケティングはめちゃくちゃ難しいですよね。

私は、初めてブログでアフィリエイトを売ることに成功するまで半年もかかりました。

それも、2年くらいはプログラマーとして技術ログを投稿してた下地があって、

その状態で始めたので、僕みたいな凡人が、

ゼロからドメイン取ってアフィリエイトをやってたらもっと時間がかかってたと思います。

でも、今考えると、アフィリエイトっていうのは少しの工夫をするだけで、

上手く売れるようになると今は思っていますから、

このコンテンツを学ぶことで、今アフィリエイトが全然上手くいってない人の助けになれば良いなと思っています。

便利な目次

PV増やしても365日連続で記事を書いてもアイフィリエイト売れない

よくネットの情報で、●●万PV稼げばアフィリエイトで稼げるようになる!とか、

365日連続で記事を書けばアフィリエイトで生活できるようになる!とか、

そういう情報があると思うんですけども、これは、一般化して適用できる情報では全くないと思います。

初心者でも文章を書くのが自然と上手い人とか、

努力すればSNSで読まれる記事を自然に書けてしまう人はたまに居て、

そういう人が自分の感性で努力すれば、毎日投稿してれば、ファンもPVも集まって、

アフィリエイトでもオウンドメディアとしても売れるかもしれないけども、

僕のような凡人で文章を書くのも苦手気味の人が、そんな風に言われた通りに書きまくってても、

チラホラSEOから彷徨い込んできたユーザーが、

そのままGoogleに戻っていくだけのブログが出来るだけだと思います。

それで、結局はゴールも明日も見えずに、

段々とモチベーションも下がってしまうことも往々にしてあると思います。

月100PVでもSEO弱くても、アフィリエイトは売れる

でも、今なら初心者の弱小ブロガーでも戦える術はあると自信を持って言えます。

それは、数打ちゃ当たる根性論の戦法で記事を書きまくることもでなければ、

とにかくPVを増やすのが大事なんだと言ってSEO至上主義になるのではなくて、

マーケティングを中心としたターゲティングを努力することです。

この方法を使えば、月間100PVでもアフィリエイトを売ることができると思います。

前に私は、「Webマーケ基礎!適切な集客と自社商品の売り方について」という記事を書いたんですけども、

この記事の中で、正しいマーケティングのステップを紹介しました。

それは下記のようなものです。

  1. 良い商品を見極める
  2. その商品を買いそうな100人くらいを定義する
  3. その100人を可能な限り低コスト(重要)て集める
  4. その100人に届きそうな広告を100通り考える

詳しく説明していきますと、

まず、ブログを始めるとき、ブログ全体を一定のユーザー層だけに特化させてください。

特定の商品や業界に特化するのではなく、特定のユーザー層に特化するのが大事です。

これは似てるようで全然違う意識の違いを生みます。

勿論、例えばiPhoneやiPhoneアクセサリー中心のブログや、

パズドラ情報に特化したメディアを作るのが悪いとは言っていません。

そういうやり方でめちゃくちゃ上手くいく人も勿論いますので、それはそれで全然良いです。

でも私の場合は、それよりも、

『子持ちの30代女性』とか『既婚の30代女性』とか、『社会人で仕事や人生に悩んでる人』とか、

そういうターゲティングのやり方をします。

こういうターゲティングをする方が、メディア自体の寿命が伸びそうだし、

マーケティングのやりがいがあるし、個人的に僕はそっちの方が好きなのです。

それで、そのような特定のユーザー層に届く有益な記事を発信して、

SNSなどを含め目につく場所には全部置くようにしてください。

こういうことを数ヶ月繰り返していると、数ヶ月で100記事くらいは記事がたまると思います。

そうなると、多分1日20人〜30人くらいは大体ブログへ訪れてくれるようになると思います。

1日20人でも、1ヶ月で換算すれば600人ですから、初めてのアフィリエイトを売るには十分なPVだと私は思います。

しかし、この20人の質は結構大事です、ここでミスってるとシャツの第一ボタンを掛け違えて、その後のステップが全部ダメになります。

ブログに集めたユーザー層が恒常的に抱く欲求が同じっぽい必要がある

もし、1日数十人のユーザーを集めることが出来れば、

彼らの属性が一定のユーザー属性として同じ分類にされてるかがとても大事です。

既婚女性が読んだり、子供が読んだり、おじいさんが読んだり、若者の新人社会人が読んだり、ヒップホップ好きの兄ちゃんがバラバラにブログに来てたら全然ダメで、

大切なのは、既婚女性ならほぼ全員、

既婚女性か30代くらいの女性である必要がありますし。

若者の新人社会人が読むブログなら、

ほぼ全員若い社会人が来るように記事構成を組まないとダメです。

そして、そのように一定のユーザー層が同じ属性であれば、彼らが共通して抱きそうな欲求が考えられます。

こうなると、アフィリエイトが非常に売れやすくなります。

例えば、若い新人社会人ならば、

初めての仕事が大変だとか、転職したいとか、仕事できるようになりたいとか、仕事での悩みを解決できるメンタル欲しいとか、多分そういう悩みありそうだなと思いますし、

既婚女性だったら、夫との生活の悩みとか、姑さんとの生活の悩みとか、料理の悩みとか、子供の悩みとか、そういうのだと思うんですけど、

とにかくですね、そのように自分のブログに来てるユーザー層が一定あり、彼らが恒常的に共通して持ってるっぽう悩みにフォーカスして、

彼らが喜びそうな商品を選抜してセールスレターを書いてみたり、おすすめ記事を書いてみたりすれば、売れます。

これは、私がいくつかゼロからメディアを立ち上げてみて、

メディア経験として検証済みのやり方なので、信頼してもらって大丈夫と思っています。

まとめ

では、最後にまとめていきます。

アフィリエイトを初心者ブロガーはが始めるときは、

別に専門的な深い知見や、情報をまとめて面白く書く能力がなくても良いですし、

根性論で記事を毎日書いても、P Vを集めまくっても売れませんよということをお伝えさせてもらいました。

大切なのは、一貫したユーザー層を集めて、彼らが楽しめるコンテンツを作って、自分のブログに集めたユーザー層が一貫して持ってるであろう悩みにフォーカスして、

商品を選び抜き、あの手この手売ってくのが良いですよということでございます。

商品の売り方については、過去に書いた記事などもありますので、詳しく知りたい方はそちらをぜひお読みください!

【お知らせ】

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]