2022年不祥事ランキング、3位「スシロー」、2位「知床遊覧船」を上回った1位は?【広報会議調べ】

「当事者意識の欠如」と「SNSによる炎上」が事態を悪化させるケースが目立つ。

宣伝会議が発行する広報・メディア対応の専門誌「広報会議」は、2022年に発覚した企業や自治体、団体などの不祥事(イメージが悪化した出来事)について「不祥事ランキング2022」を発表した。調査対象は2022年1月~10月に発覚した事例から、編集部が危機管理の専門家の意見をもとに15件を選定。全国1,000人の男女(20~60代)が、任意で3事例を選択している。

「当事者意識の欠如」と「SNSによる炎上」が事態を悪化させる

全国の男女1,000人が選んだ、2022年に評判を落とした「不祥事」1位は、「園児送迎バスに置き去り、熱中症で死亡」32.5%だった。以下、「知床遊覧船の沈没、乗客乗員26名のうち20名死亡、6名行方不明」29.5%、「スシロー、おとり広告で消費者庁から措置命令」20.0%が続いた。

3位のスシローは企業としてスタンダードな謝罪を行ったのに比較すると、1位と2位は、謝罪会見において不十分かつ不誠実な点が多く、「他人事」「責任逃れ」とさらなる批判を浴びる結果となった。そのため1位と2位は特に票を集めたと思われる。またそのほか事例では、「当事者意識の欠如」と「SNSによる炎上」も、印象を左右していることがうかがえる。

【2022年 イメージが悪化した不祥事ランキング】
1位: 園児送迎バスに置き去り、熱中症で死亡(32.5%)
2位: 知床遊覧船の沈没、乗客乗員26名のうち20名死亡、6名行方不明(29.5%)
3位: スシロー、おとり広告で消費者庁から措置命令(20.0%)
4位: 吉野家、外部講座で「生娘シャブ漬け」発言、常務を解任(19.7%)
5位: コロナ給付金、1世帯に4630万円誤送金、返金拒否、山口県阿武町(11.4%)
6位: 日野自動車、エンジンの検査不正を公表、2003年から不正が常態化(11.3%)
7位: KADOKAWA会長、五輪汚職の贈賄罪で逮捕・起訴、会長辞任(10.8%)
8位: 大阪王将、ナメクジ大量発生を告発(10.2%)
9位: KDDI通信障害、61時間後の復旧まで3000万回線に影響(10.1%)
10位: 秀岳館高、サッカー部内の暴力動画拡散、校内調査で暴力続々発覚(8.8%)

なお過去の同一調査のランキング結果では、以下の事例が1位を獲得している。

2021年1位: 名古屋市長、金メダルを噛み批判が殺到(31.0%)
2020年1位: 河井克行、案里両議員を逮捕 参院選買収疑いで(29.5%)
2019年1位: かんぽ生命・ゆうちょ銀行で不適切販売が発覚(48.7%)
2018年1位: 日大アメフット部 悪質タックル問題(58.1%)
2017年1位: 豊田真由子氏が元秘書に暴言「このハゲー!」(51.8%)
2016年1位: 舛添要一・前東京都知事の政治資金問題(39.1%)
2015年1位: 旭化成建材・三井不動産「傾きマンション」(67.2%)
2014年1位: 理化学研究所・小保方晴子氏の不正論文(67.4%)
「広報会議」2023年1月号表紙​

調査概要

  • 【調査対象】全国20~69歳の男女
  • 【調査方法】インターネットリサーチ(調査機関:ネオマーケティング)
  • 【調査時期】2022年11月7日~8日
  • 【有効回答数】1,000
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

重複コンテンツ
同じドメイン名内、または他のドメイン名にわたって存在する、「内容は同じだがURL ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]