初めてのテレワークで、40代未満・以降に“ITスキル世代間格差”。「気軽に聞ける人が社内にいない」問題【アドビ調べ】

電子契約・電子署名・スキャンツールを活用できている人ほど、今回の事態で生産性向上を実感。
よろしければこちらもご覧ください

アドビ システムズは、新型コロナウイルスの影響により「初めてテレワークに取り組んだビジネスパーソン」を対象に、「テレワークのスキル」について調査した結果を発表した。都内に勤務し、過去1か月以内に初めてテレワーク勤務を経験した男女計800名から回答を得ている。

「ITスキル」「自己管理スキル」「コミュニケーションスキル」を7割以上が保有

まず、「テレワークを効率的に実施するにあたり、どういったテレワーク関連のスキルを身に付けているか」を聞くと、オンライン上で同僚などとやりとりするための「コミュニケーションスキル」が80.3%、ビデオ会議やファイル共有などの各種ツールを駆使するための「ITスキル」が76.1%、会社以外の場所で集中力などを維持するための「自己管理スキル」が71.0%と、総じて高い。

テレワークを効率的に実施するにあたり、あなたは下記の様な、テレワークのためのスキルを身につけていると感じますか?

さらに具体的に、利用したITスキルごとに「生産性が上がった」と感じたものを聞くと、「電子契約サービス」「電子署名」「スキャンツール」などを積極的に利用している人ほど、生産性の向上を実感していた。ビデオ会議やビジネスチャット以上に、これらツールのスキルがテレワークで有用とも言えるだろう。

テレワークを導入してあなたの生産性は上がったと感じますか?

テレワーク時に困った際に相談できるひとが社内にいる? 40代で分かれ目

一方「テレワーク時にITツールなどの使い方で困ったときに、気軽に相談できる人が社内にいるかどうか」を聞くと、全体の21%は「いない」と回答。これを年代別で見ると、年齢層があがるほど割合が上昇する。とくに40代以上は、40代:25%、50代:25.5%と全体平均を超える。あらためてITスキルの世代間格差が浮き彫りになったと言えるだろう。

テレワーク時にITツールなどの使用方法で困ったときに、気軽に相談できる方は社内にいますか?

なお、「テレワークで生産性が上がった」と回答した352名に、「生産性がもっとも上がると思うテレワークの頻度」を聞くと、「週3~4回」42.9%、「週2回」29.8%、「週5~6回(勤務日は毎日)」20.2%となり、全面テレワークまではいかないが、通常勤務よりテレワークのほうが支持されている結果となった。

週にどれくらい頻度でテレワークを実施すると、自身の生産性がもっともあがると思いますか?

調査概要

  • 【調査対象】都内に勤務し過去1か月以内にテレワークに初めて取り組んだビジネスパーソン
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査期間】2020年3月19日~24日
  • 【集計サンプル数】800人(20代200名、30代200名、40代200名、50~60代200名)
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CSR
Corporate Social Responsibilityの略。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]