百戦錬磨のSNSマネージャーが手ほどき! 企業SNS活用の悩みに答えます

BtoBビジネスをしている方には「Facebook広告を活用したアプローチ」が有効! 

Facebook広告のメリットや種類について解説します。BtoBでは力を発揮するSNS広告です

オーガニック運用・広告配信・危機管理など、企業のSNS活用のポイント、最新情報を、SNSマネージャー養成講座の講師陣「チーフSNSマネージャー」のメンバーが、それぞれの得意分野を中心に解説します。

今回は、SNS運用の質問教室でも協力いただいている、吉和の森代表取締役の森和吉(もり かずよし)氏が回答します。

質問

中小企業をターゲットにサービスを提供しております。新しい顧客獲得のために、リスティング広告をやってみましたが、いまいちうまくいっていません。SNS広告が有効という話を聞きましたが、実際はどうなんでしょうか。

リスティング広告も効果はあると思いますが、ユーザーが求めている(検索した)キーワードに基づいて表示されます。キーワードの設定を間違えると、効果も薄くなります。BtoBならば、SNS広告のなかでも、Facebook広告を行ってみるのがおもしろいかもしれません。Facebook広告はターゲットを間違えなければ、ユーザーは広告が目に入る機会はあります。成果を上げているところも多いです。

Facebookのユーザー数は国内で2,600万、世界で30億3,000万

左側が国内、右側が世界での利用者数の数字です。Facebookの国内で2,600万、世界で30億3,000万の利用者は無視できないです。SNSマネージャーでは各メディアが出した数字を正としております。〇〇年〇月時点というのがメディアによってバラバラになっているのは、最新の発表がこの年月だからです。

Facebookは、なりすまし型の偽広告や著名人を使った詐欺広告などで問題があったり、「オワコン」「やっている人はいない」「効果はない」、こんなイメージを持っていたりする人は多いと思います。また、Facebookはユーザー数が減少傾向です。ただ、2,600万の国内利用者数(2019年7月時点)は見逃せません。30代以上のユーザーは活発に投稿していますし、投稿はしないけれど頻繁に見るという層も存在します。経営者や中間管理職の決裁者など、ビジネス目的で利用するユーザーが多いのも特徴です。

そのため、経営者にアプローチしたい場合やBtoBビジネスでの関係構築で有効に活用できます。実名登録が必須となっていますので、登録されている個人情報はしっかりしています。そのためFacebookで属性を絞って広告を出す場合、効果は大きいと考えられます。デメリットは、10代や20代の若いユーザーのアクティブ率が低くなっていますので、若年層をターゲットにした商品告知での利用は向かないでしょう。

Facebook広告のクリエイティブの種類

Facebook広告のクリエイティブには、画像、動画、カルーセルなど複数の種類があります。クリエイティブの特徴を把握して、最適なメッセージを届けられるようにしましょう。特にどれがいいいとか、このクリエイティブだと必ず成功するという方程式もありません。実際に広告配信を行ってみて、最適なもので展開するようにしてください。実施する際には、1種類につき2パターンのクリエイティブを用意して、A/Bテストを行って、効果が少なかったクリエイティブを新しい切り口のクリエイティブに変更して、A/Bテストを行い続けることを強くおすすめしています。

画像広告

画像広告は画像1枚で作成できます。画像広告を利用しているところは多いです。

デザインの推奨事項テキストの推奨事項
ファイルタイプ:JPGまたはPNG
アスペクト比:1.91:1~1:1
解像度:1,080 x 1,080ピクセル以上
メインテキスト:80文字以内
見出し:27文字以内
 

動画広告

動画広告は、画像1枚では伝えきれないメッセージやストーリーを表現できます。

デザインの推奨事項テキストの推奨事項
ファイルタイプ:MP4、MOV、GIF
アスペクト比:1:1(デスクトップまたはモ
バイルの場合)または4:5 (モバイルの場合のみ)
解像度:1,080 x 1,080ピクセル以上
メインテキスト:125文字以内
見出し:27文字以内
説明:27文字以内
 

カルーセル広告

画像とテキスト、リンク先を組み合わせたカードを最大10件まで表示し、それぞれ別のリンクを設定できる広告です。画像の代わりに動画の設定もできます。

デザインの推奨事項テキストの推奨事項
画像ファイルタイプ:JPGまたはPNG
動画ファイルタイプ:MP4、MOV、またはGIF
アスペクト比:1:1または4:5
解像度:1,080 x 1,080ピクセル以上
メインテキスト:80文字以内
見出し:45文字以内
説明:18文字以内
ランディングページのURL:必須

Facebook広告を成功するために知っておくといい10個のポイント

ご参考までに、Facebook広告のポイントを10個用意しました。これがすべてではありませんが、知っていると役に立ちます。

(1)まずは自分が理解しましょう

最低出稿金額がありませんので、少額の予算から実施できます。代理店に丸投げでもいいのですが、まずは自分でやってみることをおすすめします。Facebook以外にもInstagramにも同時に出稿できます。

(2)ビジネスマネージャーを利用しましょう

ビジネスマネージャーを使用しない広告配信も可能ですが、「一部のターゲティング機能が制限される」「複数人での管理が行いづらい」があるため、ビジネスマネージャーを使用して出稿しましょう。

(3)クリエイティブの大きさは2種類用意してみましょう

1080×1080と1080×1920を用意して、通常は1080×1080で対応し、ストーリーズやリールなどの全画面サイズには1080×1920を利用するようにしましょう。

(4)クリエイティブには企業ロゴを入れる

「有名人を勝手に使った広告」や「個人の方がなんか怪しい広告を出している」という広告があるのも事実です。企業ロゴを入れることで、見ているユーザーに、ちょっとした安心感を提供できます。

(5)他社の広告も参考にしよう

Metaが提供している公式ツールで「広告ライブラリ」があります。クリエイティブの参考にしてみましょう。

(6)情報収集期間はいじらない

広告配信がはじまり、最適化されるまでの期間は「情報収集中」になっています。この期間は、広告の設定に手を加えないようにしましょう。情報収集期間が長くなってしまいます。情報収集期間中は、さまざまなターゲット層や配置などに積極的に広告が配信されるため、パフォーマンスが不安定になる場合があります。情報収集の終了後は学習したデータに基づいて、配信が安定していく状態が期待できます。

(7)「情報収集が不十分」という表示が出ている場合

「情報収集が不十分」の表示がある場合はコンバージョン数が機械学習に対して足りない状態です。そのまま放置しても問題ありませんが、コンバージョンポイントを手前にすることでデータを溜めやすくなるという方法もあります。ただし、本来のコンバージョンポイントに到達していないデータも混じってきます。その点はご注意ください。

(8)フリークエンシーの数値に注目

フリークエンシーとは1人のユーザーに対して広告が何回表示されているかを示しています。たとえば1人のユーザーに広告が5回表示されている場合のフリークエンシーは5.0です。フリークエンシーの値が大きくなっていたら、同じユーザーに広告が表示されている状態です。予算の規模や商品サービスなどにも影響されますので、定点観測をして数値を比較して、高いか低いか判断してください。

【対応策】
◎クリエイティブを追加する
◎ターゲティングを広くして、新しいユーザーに配信するようにする

(9)予算の増減をするときに注意すること

予算設定の20%以上の増減があると、学習期間(情報収集期間)に入ってしまうことがあります。学習期間に入ると、今まではうまくいっていたのに効果が鈍化することもあります。20%以内の調整を繰り返して、予算の増減をすることをおすすめします。

(10)ターゲティングは細かくしすぎない

精度を高めたいあまりに、ターゲティングを細かく設定することがあります。結果、対象が狭くなりすぎて、同じ人にばかり表示されて、クリックがされなくなります。はじめて広告を運用するときに、ありがちなことですので、ご注意ください。

まとめ

BtoBビジネスとFacebook広告は相性がいいです。今回のお話をまとめますと、以下の3点です。

  • 30~50代の経営者層や中間管理職の方で、投稿はしないけれどFacebookを見ているという人は多い
  • 実名登録ということもあり、ターゲティングの精度は高い
  • Facebookでは、ビジネス関係者とのつながりも多いので、BtoBビジネスとは親和性が高い

広告配信はうまく使うと強い味方ですが、手探り状態でやってみたら、失敗したということもあります。広告代理店にお願いするという手もありますが、Facebook広告は広告代理店を通さなくても配信できます。最低出稿金額の条件もありませんので、少額の予算でも開始できて、いつでも停止ができます。

まずは自分でやってみてください。慣れてくると、自然に理解できるようになります。
そのためには、まずはFacebook広告の特徴を理解するようにしましょう。
SNSをうまく使って、自分の可能性を広げていきましょう。
森でした。

2020年より私たちは、「SNSマネージャー養成講座」という資格試験をスタートしました。SNSマネージャーの上位資格である上級講座では、実際に運用しているアカウントをサンプルにして、徹底的に運用目的とKPIなどの必要項目を掘り下げて企画書を作成するワークを実施しています。

この記事を読んで「理屈はわかったけど、実際自社のアカウントに当てはめるとピンと来ない。さてどうしたものか……」とお悩みのあなた。ぜひチャレンジを。

【SNSマネージャー養成講座 | 企業がSNSを効果的に運用して事業を進化させる講座】

タイトルデザイン、タイトルイラスト:995(Twitterアカウント
三度の飯より猫が好きなイラストレーター。ゆるくてかわいいイラストが得意です。

用語集
Facebook / Instagram / SNS / なりすまし / クリエイティブ / コンバージョン / フリークエンシー / ランディングページ / リスティング広告 / リンク / 広告代理店
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]