国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。
海外&国内SEO情報ウォッチ

【無料】閲覧操作の録画やヒートマップでユーザー行動を可視化するツール「クラリティ」とは?

ページ

よろしければこちらもご覧ください

Web担当者に役立つ最新情報

【無料】閲覧操作の録画やヒートマップでユーザー行動を可視化するツール「クラリティ」とは?
ヒートマップやセッション再生の機能を備える (Microsoft Clarity) 海外情報

マイクロソフトは、「Microsoft Clarity(マイクロソフト クラリティ)」というツールをBing ウェブマスターツールで提供している。

クラリティはサイト内のユーザー行動を可視化するツールだ。ベータ版を2018年に限定公開し、2020年10月に一般公開した。2020年の話で最新ニュースではないのだが、筆者のもとに案内メールが届いていたので紹介する。

クラリティは次の3つの機能を備えていて、しかも無料で利用できる。

クラリティの機能
  • ユーザーがページ内をどのように動いたかを記録して個別に再生できる「セッション再生」
  • ページのどこをユーザーがクリックしたかを統計的に確認できる「ヒートマップ」
  • 「クリックしたまま動かない」「クリックを繰り返す」「奇妙なスクロール」など不可解な行動を検出できる「インサイト」

実際にユーザー行動を録画した様子は、次のように再生して確認できる:

Clarityの管理画面で再生している様子を動画として掲載しているので、再生して見てみてほしい。
Clarity

Bingウェブマスターツールにログインして、クラリティ用のトラッキングコード発行し、管理サイトのページに設置すると記録が始まる(Bingウェブマスターツールにサイトを登録していない場合はまずサイト登録が必要だ)。

Clarityのトラッキングコード

筆者は実際にはクラリティを利用していないのだが、試してみた人の話を聞くぶんには、手軽にかつ無料で利用できる「ユーザー行動レコーディング」[ヒートマップ」は、非常に魅力的だとのことだ。

使い方に関しては、こちらの記事が使い方を包括的に解説している。興味がある人は参考にして試してみるといい。

★★★☆☆
  • サイト改善がんばってる人用(ふつうの人は気にしなくていい)
  • 解析担当者に伝えましょう

CWV対策で意識したい、ラボデータとフィールドデータの違い、言えますか?
CWV改善のためには両方を使いこなしたい (Christian Oliveira on Twitter) 海外情報

コア ウェブ バイタル(CWV)やページ表示速度を語るときに意識しておくといい「ラボデータ」と「フィールドデータ」の違いを、あなたは説明できるだろうか。

今年の5月にコア ウェブ バイタルが、グーグル検索のランキング要因に組み込まれる。来たるべき日に向けて、改善に取り組んでいるウェブ担当者も多いことだろう。

CWVの改善に際しては各種ツールを駆使しているはずだ。しかし、そうしたツールが提供するレポートは次の2種類に大別できる:

  • ラボデータ
  • フィールドデータ

この違いについて説明したスライドがツイッターに投稿されていたので、それをもとに解説する。

ラボデータ

あらかじめ定義してあるネットワークとデバイスの設定における、制御された環境のもとで収集したデータ。

  • ラボデータの長所
    • 結果が再現可能なため問題を検証、解決しやすい
    • 問題を特定、切り分けしやすい
  • ラボデータの短所
    • ユーザーが実際に直面している問題ではないかもしれない
    • 状況を完全には表していないかもしれない
  • ラボデータを利用(表示)するツール
    • Lighthouse
    • PageSpeed Insights
    • Chrome デベロッパーツール

フィールドデータ

実際の人間のユーザーから取得した実際のデータ(Real User Monitoring、RUMと呼ぶ)。特定のネットワークやデバイス(ブラウザなど)を使っているユーザーのデータを計測して集計している。

  • フィールドデータの長所
    • 実際にユーザーが体験した状態を取得する
    • ビジネス上のKPIに結び付けやすい
  • フィールドデータの短所
    • 指標の組み合わせが限定される
    • 検証・解決のためにできることが限られる
    • サイトへの十分な数のアクセスが必要
  • フィールドデータを利用(表示)するツール
    • CrUX(Chrome ユーザーエクスペリエンス)レポート
    • PageSpeed Insights
    • Search Console(ウェブに関する主な指標レポート)

基本的な考え方としては、まずフィールドデータを見てサイトの現状を把握するのがいいだろう。その結果によって、次のように動く:

  • フィールドデータが悪い場合: フィールドデータをもとに対策する。

  • フィールドデータが良い場合: さしあたり問題はない。ただし、次にラボデータを確認しておく。

    • ラボデータも良い場合: 何も問題ない

    • ラボデータは悪い場合: いまは問題ないが、潜在的な問題がある可能性がある。ラボデータをもとに改善を検討する。

    フィールドデータは良好だがラボデータが悪い場合、フィールドデータが悪くなる可能性が内在しているとも考えられる。たとえば、何らかの理由で低速な回線から接続するユーザーが増加したら、それまでは良好だった LCP のフィールドデータが悪くなるかもしれない。

    本当の状況がわかるフィールドデータを重視しつつも、ラボデータで検証して潜在的な問題を解消しておくのがツールの賢い使い方だろう。

    ちなみにラボデータにも大きな強みがある。それは、修正したらすぐに検証できることだ。十分な量の実際のデータが必要なフィールドデータとは異なり、ラボデータは柔軟に確認できるのだ。

    PageSpeed Insightsのように両方を取得するツールもある。

    フィールドデータとラボデータの両方をレポートするPageSpeed Insights
    「フィールドデータ」は、Chromeの実ユーザーのデータ
    「ラボデータ」は、その場でグーグルのシステムから計測したデータ
    ★★★★★
    • CWV改善に取り組むすべてのWeb担当者 必見!
    • 技術がわかる人に伝えましょう

    URLの長さはランキングに影響するのか?
    正規化には使われることも (John Mueller on Twitter) 海外情報

    SEOとURLやドメイン名の「長さ」の関係について、次のような意見を耳にすることがある:

    ドメイン名が短いほうが上位表示しやすい。
    URLが短いほうが上位表示しやすい。

    グーグルのジョン・ミューラー氏によれば、どちらも正しくないとのことである。

    ただし、URLの長さは正規化の要因として利用されることがある。たとえば、同一のページのURLとして次の2つをグーグルが発見したとする:

    • https://example.com
    • https://example.com/index.html

    この場合、前者(短いほう)を正規URLとして選ぶだろう。

    同様に、次の2つのURLを発見した場合も短いほうを正規URLとして選ぶだろう(この場合は長さというよりはパラメータの判断だが):

    • https://example.com
    • https://example.com?sessionid=2891495922364093

    一般的に、重複コンテンツは短いものが正規URLにふさわしい。

    正規化には、URLの長さが影響しうるとしても、URLの長さとドメイン名の長さはランキングには影響しない。

    ★★★☆☆
    • ホントにSEOを極めたい人だけ

    PWAサイトは要注意!インストールの基準が厳しくなる
    本当にオフライン対応している必要あり (Eiji Kitamura / えーじ on ツイッター) 国内情報

    PWAとしてウェブサイトをインストールできるように構成しているサイトに重要な変更がある。Chromeでのインストール要件が変わるのだ。

    PWAインストール
    PC版ChromeでインストールするPWA

    Chromeの開発者向け公式ブログの発表をもとにもう少し詳しく説明する。

    インストール可能にするにはオフライン対応している必要があるのだが、そのチェック体制が厳しくなった。技術的に言うと、これまでは、Service Workerにfetchイベントがあればよかった。実際にはオフライン対応していなくてもよかったのだ(Chromeにそこまで検証する機能がなかった)。

    しかし、今後は本当にオフライン対応していなければならない。Chromeは次をチェックする。

    • Service Workerがそのページにインストールされている
    • Service Workerがfetchイベントを設定している
    • インストールしたService Workerのfetchイベントが、シミュレーションしたオフラインモードで200のHTTPステータスコードを返す

    すでにインストールされているPWAには影響しないが、これらの条件を満たしていないとChromeでは新規インストールできなくなる。対応が必要かどうかを、PWAを構成したデベロッパーに確認しておこう。

    ★★★★☆
    • PWAを構成しているすべてのWeb担当者 必見!
    • 技術がわかる人に伝えましょう

    GMBのメッセージ機能をPCからも管理できるように
    お客さんとのコミュニケーションに有用な機能 (グーグル マイビジネス ヘルプ) 国内情報

    ローカルSEOというか、Googleマイビジネス(GMB)の新機能を紹介する。

    ビジネスプロフィールから送信されたメッセージを、PC版のGoogleマイビジネスから管理できるようになった。これまでもGMBアプリまたは検索結果からも返信できていたが、第三の方法が加わったことになる。

    ビジネスプロフィールからメッセージを送信

    スマホでは、ビジネスプロフィールからテキストメッセージをユーザーは送ることができる(そのビジネスがメッセージ機能を有効にしている場合)

    GMBでメッセージを管理

    届いたメッセージは、GMBダッシュボードの「メッセージ」メニューから管理できる

    顧客とのコミュニケーションを図るのにメッセージは有用な機能だ。電話での問い合わせを好まない人がいるだろうし、こちらも忙しいときは負担になる。また営業時間外でもメッセージ送信できる(もちろん営業時間中はすぐの返信が望ましい)。

    メッセージ機能の詳細な使い方はヘルプ記事を参照してほしい。

    ★★★☆☆
    • ローカルビジネス担当者 必見!

    海外SEO情報ブログ海外SEO情報ブログの
    掲載記事からピックアップ

    Discoverパフォーマンスレポートの変更とPassage Rankingの導入をピックアップ。

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

顧客生涯価値
企業と顧客が継続的に取引をすることによって、顧客が企業にもたらす価値(利益)を指 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]