国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。
海外&国内SEO情報ウォッチ

スニペットを自由に表示させる裏技:meta descriptionを2倍に増量 など10記事(海外&国内SEO情報)

ページ

海外のSEO/SEM情報を日本語でピックアップ

  • 米ヤフーが「ダイレクトな」インスタント検索を実装
    ★★★☆☆ 日本にも欲しい! (Yahoo! Search Blog)

    米ヤフーは、ユーザーが検索ワードを入力している途中でキーワード候補を先読みして提示し、それに関連したサイトの情報を即座に表示する「サーチダイレクト」(Search Direct)という機能のベータ版を公開した。

    たとえば、検索ボックス「dis」と入力すると「disneyland」(ディズニーランド)や「 discount tire」(安売りタイヤ)といったキーワードを提示し、提示されたキーワードを選択するとその瞬間に関連情報(検索結果など)が表示される。

    「dis」のサーチダイレクト

    「wea」と入力すると「weather」(天気)を先読みし天気予報を見せてくれる。

    「we」のサーチダイレクト

    グーグルのインスタント検索に似た機能だが、インスタント検索は検索結果自体が次々と更新されるのに対して、ヤフーのサーチダイレクトは結果を表示するための専用のボックスが用意されている。いわば、インスタント検索版ワンボックスといったところか。

    ちなみに、グーグルのインスタント検索は日本語の検索にも適用されるが、米ヤフーのサーチダイレクトでは、日本語の検索にはキーワード候補こそ表示するものの、残念ながら関連ページの情報は表示されない。

    「天気」のサーチダイレクト
    日本語キーワードでは検索結果が表示されない。
  • グーグルのアルゴリズムがサイトの変更を処理するプロセス
    ★★★☆☆ ゆったり&継続で (Google Webmaster Central Help Forum)

    グーグルはアルゴリズムに基づいてサイトをどのように評価しているのだろうか、サイトやページを変更した場合に、グーグルはどのようにそれを認識して処理するのだろうか。グーグルの米国版ウェブマスター向け公式ヘルプフォーラムで、グーグル社員のジョン・ミューラー氏がその基本的な仕組みと、それに対してウェブマスターがどのように取り組むのかを語っている。ポイントをリストアップする。

    • ウェブサイトが更新されてもすぐにグーグルがその結果をアルゴリズムで処理するわけではない。再クロールされ、再インデックスされて、サイトに加えた変更がグーグルに認識され、順位に反映されるまでにはそれなりの時間がかかる。
    • 重複コンテンツを減らすなどしてサイト構造を整理してあれば、それだけ各ページに加えた変更がアルゴリズム処理されるまでの時間は短縮される。
    • アルゴリズムは変更を認識しても、その変更が一時的なものでないか確認するために時間をおくことがある。
    • アルゴリズムは多様な要因を処理するので、1つ変更してその結果が出るのを待って次の変更をするよりも、サイトを継続的に改善し続けることをオススメする。
    • 変更の結果だと思われる改善が見られても、そこで止まらずにサイトを改善し続けるべきだ。

    昔のように変更の結果が反映されるまで何週間もかかるというわけではないが、一晩で施策の効果が出るとは限らないようだ。

  • グーグルペナルティが及ぶ範囲はどこまで?
    ★★★★☆ 最小範囲でもペナルティは受けたくない (WebmasterWorld)

    WebmasterWorldのフォーラム管理者が、グーグルのペナルティが及ぶ範囲について次のようにコメントしている。

    1個だけのキーワードに対してとか、グループにまとめたキーワードに対してとか、1つのページだけに対してとか、そんなふうにグーグルはペナルティを与えることがある。このフォーラムではそういったケースが報告されているし、グーグルのマット・カッツも何度か言及している。

    ペナルティは必ずしもサイト丸ごとというわけではなく、もっと小さな、部分的な範囲で与えられることもあるのだ。

  • HTTPSの暗号通信は表示速度を落とすからランキングにマイナスなのか
    ★★★☆☆ NO (Matt Cutts(mattcutts) on Twitter)

    ウェブサーバーとブラウザの通信をセキュアにするためにSSLを使ったHTTPS接続を使う。しかしHTTPSでは、暗号化と復号の処理が発生するため、通常の通信(HTTP接続)に比べてサーバーに負荷がかかり、パフォーマンスが落ちる。検索結果におけるランキングを決める指標としてウェブページの表示速度を米グーグルは採用しているが、HTTPS通信はマイナスな影響を与えるのだろうか?

    グーグルのマット・カッツ氏のツイートによれば、影響はないようだ。

    詳しい説明を自身のブログのコメント欄に書き込んでいる。

    HTTPSは確かにロードタイムを遅らせる原因になるけれど、ほんの小さな要因でそれだけでユーザーが感じるような表示速度の著しい低下を引き起こすものではない。

    そもそもサイトのスピードはランキングにおいて、ごく少数のサイトにしか影響していない。

    適切に実装している限りは、ランキングの要因としてHTTPSを心配しなくていい。それどころかHTTPSはユーザーのプライバシーやセキュリティを守るという点ではとても優れていると言える。

※SEO Japanは今週は更新がなかったようだ。

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーガニック検索
検索結果ページに表示されるもののうち、検索連動型広告などの広告表示を除いた、いわ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]